モデルとして、アイドル女優としてみんなから羨望の眼差しで見られている武井咲
さぞや、そのスタイルは抜群で…と思いきや、なんと太ったり痩せたりを繰り返しているという驚きの事実が判明しました。
しかも、彼女自身もとある部分にコンプレックスがあるようで…それは
足が太いと悩んでいたんだとか!
そんなコンプレックスをどうやって克服したのか?
そして、最近痩せて脚が細くなったというのは本当なのか?
その真偽を調査しました。



スポンサーリンク



武井咲激太り時代とは?脚はどのくらい太っていたのか


 
そもそも、モデルとして活躍していたのですから、そのスタイルはお墨付きだったのだと思います。
しかし、彼女自身はスポーツが大好きで、特にバスケットを夢中でやっていたらしく、足に筋肉がついてしまうと悩んでいたそうです。
さらに、食べることが大好きという性格も相まって、結構太りやすい体質が出来上がってしまったと言えるかもしれません。
 
そんな「セブンティーン」モデル時代の画像を見てみると…。

 
確かに太ももとふくらはぎがむっちりしていますね。
でも、バランスが取れた感じで決して「激太り」というほどではないと思います。
 
むしろ、彼女は顔が小さい分、体の各部位が大きく太く見えてしまうように思います。
しかし、彼女自身「脚にコンプレックスがある」と言っていたように、どうやら足の太さを気にしていたようです。

脚が痩せて誰もが認める美脚に成長した武井咲

そんな彼女ですが、何と2014年にクラリーノ美脚大賞20第部門賞を受賞します。
コンプレックスだと言っていた足を美脚に進化させ、みんなが認めるスタイル抜群のアイドル女優に成長したわけです。
 
その時の画像を見てみると…

 
たしかに脚が、スラリと痩せた美脚になっていますね!
一体、彼女はどうやってこの美脚を手に入れたのでしょうか?



スポンサーリンク


武井咲の美脚を作ったダイエット法とは?


 
脚がコンプレックスだと言っていた武井咲。
やはりそれを意識して、数々のダイエットを行っていたようです。
 
まず、「18時までに食事をすませる」ことを心掛けたようです。
夜寝る前にカロリーを摂ってしまうと、体に肉がつきやすくなるというのはよく知られていること。
こうすることで、消化する時間が増えて、体に肉が蓄積されず、健康的に痩せることが出来ると言われています。
 
さらに、彼女は「3食しっかり食べること」を心掛けたそうです。
食事を抜いた方が痩せるという結果を得やすいように思えますが、それだとリバウンドしやすくなります。
やはりしっかりと食事を摂ることがダイエットのコツ。
 
さらには、体を冷やさないように気をつけていたそうです。
若いのに、色々と気を使っていたんですね。
でもここまでは、体重を落とすことを目標としたダイエット方法。
 
では、彼女のコンプレックスである足はどのようにして痩せたのでしょうか。
 
それには2つのポイントがあります。
一つは「ボルダリング」。
 
ボルダリングとは、手足だけで岩や崖をのぼるスポーツ。
都内にもボルダリングができるジムが増えて、女性にも人気になっています。
武井咲はこのボルダリングにはまって、お陰で手足が引き締まったのだと言います。
 
もう一つのポイントは「とにかくよく歩く」こと。
 
散歩好きな武井咲は、毎日1時間くらいウォーキングをしていたんだそうです。
ボルダリングにしてもウォーキングにしても、足に筋肉がついて太くなってしまうような印象を受けますが、専門家に聞いた所に寄ると、筋肉がついてきてその密度が増えると、脂肪が追い出されて細くなるんだそうです。
特に足はその傾向が強くて、鍛えれば鍛えるほど細く美しくなっていくんだとか。
 
という訳で、武井咲はバスケットで鍛えた足の下地があったからこそ、痩せた結果美脚になったといえるんでしょうね。
やっぱり運動、という結論でした。



スポンサーリンク






スポンサーリンク