人気YouTuberとして今でもたくさんの動画で人々を楽しませてくれるヒカキンさん!

そんなヒカキンさんが最近子猫を飼い始めたということが話題となっているようです。

ヒカキンさんが子猫を飼い始めた事は、7月19日に投稿された動画で明らかになりましたが、あまりにも可愛らしい子猫の姿にヒカキンさんだけではなく視聴者もメロメロになってしまいました。

しかしこの件について炎上騒動が起こり、批判の声が寄せられているのだそうです…。

果たしてこれはどういうことなのでしょうか?

また名前の由来や、猫の種類値段なども気になるところです。

そこで今回は、何故ヒカキンさんが子猫を飼い始めたら炎上してしまったのか、その猫がどれくらい可愛いのかというのも動画を交えてご紹介します。

また、名前の由来や種類なども調査をしてみました!



スポンサーリンク


ヒカキンさんが猫を買ったら炎上!?その理由とは?

ヒカキンさんはある日の動画でを飼い始めたと報告しました。

ちなみにヒカキンさんが猫を飼ったと紹介している動画がこちら!

 

元々ヒカキンさんは猫がとても好きで少し前から猫を飼いたいと思っていたのだそうです。

この動画ではまだ名前は決めていなかったようですね。

 

そして動画内では責任を持って育てるということと、今回購入した猫グッズを紹介していました。

この姿を見ると本当に全身全霊で猫を育てていくんだなというのがわかりますね!

 

実際に動画を見た人達からは絶賛の声が寄せられていましたが、一方でこんな意見がありました。

といった批判の声が寄せられてしまい、一時炎上する騒動にまで発展してしまいました。

 

確かに今でも保健所などに保護されている猫がいますが、引き取り手がいないと殺処分されてしまう運命にあります。

 

今回批判している人達からすると
【ヒカキンさんほど影響力のある人が動画で保護猫を引き取ったと言えば、殺処分される猫も減る】
という考えがあったのではないかと思われます。

確かにヒカキンさんは影響力が高い人で、彼が購入したものが売れるというのはよくある話です。

 

ただ実際にはこういった里親に引き渡す条件として、単身で暮らしている方や男性は里親の条件から外している所が多いのが現状です。

これは虐待を防ぐためにやむを得ない対策となっており、虐待は絶対にしないだろうと思われているヒカキンさんでも、里親になるのは難しいのです。

 

なので、Twitterではこの批判の声に対して…

というようにヒカキンさんを擁護する声があがり、今回の炎上騒動に疑問を抱く人もたくさんいたようです。

 

保健所などで猫を引き取ることも確かに猫を救うことですが、ペットショップから購入した猫も保健所行きを免れるため、結果としては殺処分防止となっていると思います。

いくら影響力がある人でも、広めることができることとてきないことがあるというのが改めてわかりますね。



スポンサーリンク


まるおの可愛さ大公開!名前の由来とは?

そんなヒカキンさんは、次の動画で猫の名前が決まったと報告しました。

その動画がこちら!

 

この動画では名前の由来についても話していました。

〇顔が丸くて男の子だから

〇名前は3文字で考えていた(長い名前にするといつの間にか省略して呼ぶようになってしまい、それが嫌だった)

〇ひらがなで日本っぽい名前にしたかった

〇初めて見た時に思い浮かんだ名前だった

〇ヒカキンにちなんで【〇〇キン】という名前も検討したが、自分の名前を呼んでいるみたいだったため却下した

〇シンプルに皆から親しまれるような名前にしたかった

というような内容を話していました。

 

ちなみに本当に【まるお】で良いのかというのを2日間考えていたのだそうです。

ヒカキンさんなりにいろいろと考えていたんですね!

 

そんなまるおの可愛さは他の動画でも明らかになっていました。

 

やっぱり可愛いですね!

素早い動きでネズミを追いかける姿や、砂を掘ってトイレをする姿まで本当にキュートなんです!

 

ヒカキンさんがメロメロになるのもわかりますね。

これからもヒカキンさんや視聴者さんたちに愛されながらすくすくと育っていくことでしょう。



スポンサーリンク


まるおの種類は?どこで購入して値段はいくらくらい?

ヒカキンさんが飼い始めた、まるおの猫の種類は【スコティッシュフォールド】といいます。

 

 

原産国はイギリスで今でも根強い人気のある種類です。

この猫はスコットランドの農村にいた白いメス猫が元となっており、折れた耳が大きな特徴です。

人懐っこくて可愛らしい猫を繁殖させていったことで、このスコティッシュフォールドが誕生しました。

 

ちなみにこのスコティッシュフォールドという名前は、

スコティッシュ→イギリスのスコットランド
フォールド→折れた

という意味があるのだそうです。

 

それだけ折れた耳というのはスコティッシュフォールドの大きな特徴となっているんですね!

今回ヒカキンさんが飼っているまるおはオスですが、スコティッシュフォールドのオスの性格を見てみると、甘えん坊でイタズラが大好きなのだとか!

また好奇心旺盛で子どもっぽい一面があります。

 

実際にヒカキンさんの動画を見ると、おもちゃのネズミを追いかけたり、トンネルに入ってみたり、爪とぎを使ってみたりと色々なことをしていますね!

まさに好奇心旺盛です。

ヒカキンさんに甘えている姿を見ると、まさにスコティッシュフォールドのオスの特徴だなぁと思いますね。

 

ただ大人になるにつれて、段々子どもっぽさがなくなり、ちょっと意地っ張りになることもあるんだとか…。

でもヒカキンさんからたくさんの愛情を受けて育つと思うので、ヒカキンさんにはずっと甘えん坊さんかもしれませんね!

 

そんなまるおですが、今回の炎上騒動や、ヒカキンさんの動画を見る限りでは、ペットショップで買った猫だと思われます。

スコティッシュフォールドの値段平均で17万前後します。

1番高いものだと70万を超えることもあるそうで、ややお高めの猫となっています。

 

今回ヒカキンさんが飼った猫は子猫であることと、毛並みが非常に綺麗なことから平均よりもやや高めなのではないかと思われます。

推測ではありますが大体20万前後ではないでしょうか?

まとめ

ヒカキンさんが猫を飼ったことで様々な声が寄せられました。

ほとんどが可愛いという声だったが、中には【保健所から引き取るべきだった】というような批判の声もあるようでした。

それでもまるおはヒカキンさんからの愛情をたっぷり受けながら日々成長しています!

今後のまるおの成長に目が離せませんね。



スポンサーリンク





関連記事一覧


スポンサーリンク