河北麻友子さんは現在注目のモデルです。
人形のように整った顔ときれいな脚をしていますが、痩せすぎ(細すぎ)という意見もありますね。
気になる身長体重はどれくらいなのでしょうか?
また彼女にはコンプレックスがあるのだとか。
ちょっとびっくりな話ですが、今回はそんな彼女の秘密に迫っていましょう。



スポンサーリンク


河北麻友子の身長と体重はどれくらい?細すぎの理由は拒食症?

河北麻友子さんはすらっとしたモデル体型をしているように見えます。
しかし、細すぎることがコンプレックスになっているのではないか、という人は結構いるのです。
 

 
たしかに、写真を見てみると、脚なども細くて抱きしめたら折れそうに見えます。
 

 

 
こちらは出川哲朗さんと一緒に写っているから余計に細く見えるのかなとも思いますが、決してそんなことはありません。
 
公式で彼女の身長は163cmと発表されています。
それに対して、体重は30kg台だそうです。
 
身長163cmの女性にとって、標準的な体重は58.5kgと言われています。
それを考えると、ちょっとこれは痩せすぎと言われても仕方ないのかもしれません。
そのため、体重がコンプレックスなのではないか、と言われているわけですね。
 
実は体重について、本人から言及があります。
どうやら、彼女は食べても太れないということだそうです。
これについては、摂食障害の疑いがあります。
 
摂食障害とは何かを食べても、それを体が受け付けないというものです。
このように書くと、食べても太らないなんて羨ましいと思う方がいるかもしれませんが、実際には体に良いものとは言えません。
 
実際に彼女の手に、摂食障害の方にありがちな吐きダコがあったという写真もあるので、真実味はそれなりにあるでしょう。
 

 
モデルの方は、写真写りを良くするために、時として過酷なダイエットを行うという話もあります。
その結果、摂食障害になってしまったのであれば、それはちょっと辛いところです。

河北麻友子は身長にコンプレックスとは?

このように、河北麻友子さんの体重についてコンプレックスを指摘する意見は多々あります。
しかし、インタビューの際、彼女自身の口から語られたコンプレックスがあるのです。
それは何かと言われると、彼女は自分の身長がコンプレックスだと語りました。
 

 
これはまた、ちょっと意外なお話です。
先ほども書きましたが、彼女の身長は163cm。
日本人の平均身長が154cmであることを考えるとたしかに高い方ですが、コンプレックスを感じるようなことにも思えません。
 
そして、高いことがコンプレックスなのかなとも思いましたが、どうやら違うようです。
そう、彼女にとっては自分の身長が低いことがコンプレックスだと言います。
そんな馬鹿な、と思う方がいるかもしれませんが、ちょっと考えてみましょう。
 
モデル業界は写真写りの問題から、身長が高い方が結構多いものです。
その中では、170cmを超える方も珍しくありません。
 
さらにもう一つ。彼女の出身はアメリカで、生まれも育ちもニューヨークです。
12歳の時、日本のコンテストに出るため、こちらに来たという経緯があります。
そして、日本でモデルとして活動しているわけですが、海外でモデルをされた経験もあるそうです。
 
日本人の身長は世界的に見ると高い方ではなく、海外にはより身長の高いモデルの方も多いでしょう。
そういった人たちに囲まれて仕事をしていたら、自分の身長が低いという風に自信を失ってしまうのも、仕方がないのかもしれません。



スポンサーリンク


コンプレックスをなくすよりチャームポイントを磨くのが河北麻友子流


 
このような話を聞いていると、河北麻友子さんも中々苦労されているのだなと思います。
モデルをやっていて、辛い思いはあるでしょう。
しかし、それでもモデルを続けています。
 
彼女はコンプレックスをどうやったらなくせるかよりも、チャームポイントをどうやって磨くかを考えるべきだと述べています。
これはちょっと目からうろこですが、物事をはっきり口にする彼女らしい発言とも言えるでしょう。
 
たしかに、身長や体重について、彼女自身も思う所があったのかもしれません。
それでも、彼女にはそれに負けない魅力があります。
どんな状況であっても自己主張できる強さは確かなものですし、バラエティ番組ではノリの良さを見せてくれます。
これは彼女がかわいさを鼻にかけているようなモデルだったら、とてもできないことでしょう。
 
また、英語を流ちょうに話すことが出来て、歌もこなして見せるなど、多芸な所もあります。
自分の苦手な所に自信を失ってしまうのではなく、自分の得意な所で勝負するのが、どれだけ大事かということかもしれません。

まとめ

一見するとパーフェクトに見える河北麻友子さんですが、実際は様々なコンプレックスを抱えていたようです。
しかし、ViVi専属モデルとして活躍するうちに、吹っ切ったような印象を受けます。
仕事をしていくうちに自信もついたのでしょうし、自分の魅力を磨くことが一番だという考えに至ったのでしょう。
たしかに、本人がどう思っていようと、彼女が魅力的な女性であることに間違いはありません。
これからも、自分の魅力をどんどん磨いて、様々な活躍を見せてほしいですね。



スポンサーリンク





関連記事一覧


スポンサーリンク