川口春奈さんといえばモデルや女優など幅広い舞台で活躍している方ですよね。
それだけにとてもお綺麗な顔立ちをしているのですが、実は最近、顔が変わった(整形した?)と話題になっているのです!
具体的にどこが変わったかというと、目・鼻・エラの部分です。
これは本当に整形しているのかどうか昔の画像と比較検証してみる価値がありますね!



スポンサーリンク


川口春奈の顔がすっきりした!?整形なの?

川口春奈さんは現在20代ですが、10代後半の頃はもっと顔がふっくらとしていました。

 
確かに現在の川口春奈さんと比べて顔に脂肪がついていたり、骨格が大きかったりする印象を受けますね!
決してこの時も悪い顔というわけではなく、若さがあふれているな~という印象です。
特にモデルや女優のお仕事の場合、顔が目立つ方が有利になるわけですし。
 
現在の画像と並べて比べると顔の脂肪が取れてすっきりしている感じがします。

 
10代後半の頃の顔が若さの魅力なら今の顔は大人っぽい魅力にあふれているといえますね!
まだ川口春奈さんは20代前半ですし、これから年齢を重ねていくうちにどんどん色気が出てくるようになるのかもしれません。
ただ全体的な顔の印象としては整形とまでいえるのかはわかりません。
 
特に川口春奈さんのような若い方は短期間で顔が変わることも珍しくないわけですし、「自然に顔が変わった」としても不思議ではないですよね?
モデルや女優の仕事に本格的に打ち込むようになってダイエットを始めたのかもしれませんしね。
 
川口春奈さんは13歳の中学1年生の時にモデルデビューしています。
画像を見るとすごい美少女ですね。

 
ここまでさかのぼると10代後半の時のようにふっくらとしているというよりはむしろ痩せていてあどけない印象を受けます。
顔の形自体はそんなに変わっていないと思います。

川口春奈の目の整形疑惑を検証!

川口春奈さんのはもともと小さいというわけではありません。
13歳のモデルデビュー時の頃から普通の日本人と比べればかなり大きい目を持っているといえるでしょうね!
まさかこんなに若い頃から整形しているとも思えませんし。
 
しかし、10代後半~現在の画像を見ると確かにもともと大きい目がさらに大きくなっているように感じます。

 
また黒目が大きくなっており、全体的に目の存在感が強くなっているのがうかがえますね!
もし目を整形しているとしたら目頭の切開でしょうか?
目頭を切開すると眼球が見えている部分が広がるので、術前よりも目が大きく見えるものです。
 
黒目が大きくなったのは黒のカラーコンタクトの可能性があります。
もともとの黒目より大きい黒コンを入れることで、切開した目の大きさに黒目の大きさを合わせているのかもしれません。
 
といっても、目頭の切開にせよ黒のカラーコンタクトにせよ、実際はどうなのかは本人しか知るすべはありませんね!
自分で公表しているのであれば別ですが、もちろん川口春奈さん自身はテレビなどでそのことに触れたりはしていません。
 
僕としては特に最近の川口春奈さんの画像を見た時に化粧が濃いのが気になりますね。
化粧は濃ければ濃いほどすっぴんとの差が出てくるものですし、アイラインを濃く入れれば整形でなくても目を大きく見せることができます。



スポンサーリンク


川口春奈の鼻の整形疑惑を検証!

川口春奈さんの10代後半頃の画像を見ると、鼻筋がしっかり通っており、小鼻が大きめの印象があります。

 
十分に綺麗ではあるのですが、映り方によってはにんにくの形をした鼻といえなくもありません。
 
現在の画像を見ると鼻筋は変わらすシュッとしていますが、なんだか少し小鼻が小さくなっている気がします。

 
そのおかげで鼻の存在感が薄まり、顔全体のパーツの調和がとれているといったイメージです。
ただ極端に鼻が小さくなったわけではないので、これも映り方や化粧の仕方などの差という説明ができます。
 
特に川口春奈さんのさまざまな顔の画像を見てみると、顔の角度や表情によって小鼻の印象が変わることがわかります。
もともとしっかりとした鼻であるだけにそういった性質があるのかもしれませんね!

川口春奈の整形疑惑!エラを削った?

目と鼻は顔のパーツですが、エラはフェイスラインと密接に関わる部分ですよね。
 
エラの大きさを最も感じるのはやはり10代後半の時の画像です。

 
正面の顔の画像では頬骨の外側から下にかけてしっかりとエラが出ていますし、斜めや横顔の画像ではそのエラが耳まで続いているように見えました。
 
現在の画像ではどうかというと、確かにエラの主張が弱くなったかな?と感じますね。

 
顔の脂肪が減って全体的にすっきりしているため、ちょっと見ただけでは気づきにくいのですが、エラを削ったという疑いが出てくるのもわかる気がします。
 
しかし、確かに主張は弱くなってはいるものの、「エラが完全になくなった」というわけではありません。
現在の画像の中にもエラがしっかり映っているものはありますし、これも映り方の問題なのかな?と思ってしまいますね。
 
いくら手術といえどエラを完全になくすほど削るのはあからさますぎるので、そもそもやらないとは思いますが。
ちゃんとした宣材写真だとエラが目立たないものが多いですね。
といっても宣材写真は撮影時のものがそのまま出るわけではなく加工するのが当たり前なので、写真加工によってエラが削られているだけの可能性が高く、本人の顔が変わっていることにはなりません。



スポンサーリンク





関連記事一覧


スポンサーリンク