高畑充希さんはその愛らしいルックスや高い演技力で、今もっとも人気のある女優さんの一人です。
テレビドラマや映画だけではなく、舞台女優としても活躍していて、これからもどんどんと活躍の場を広げていくであろうと思われます。
テレビの中の高畑さんを見ているととても性格が良さそうに見えますが、実際のところ本当の性格はどうなのでしょうか。
芸能人の中にはテレビで見る姿とは全く違う性格の人もいるので、高畑さんがどんな人なのかは気になるところです。



スポンサーリンク



高畑充希の性格の世間の評判はどんなもの?

当然高畑さんと個人的に知り合いという方はそれほど多くないので、インターネットなどに載っている高畑さんの人物像はイメージということになります。
ですから高畑さんの世間の評判も実にさまざまです。
 
良い評判としては正直者とか素直、芯の強い人といったものがあります。
これは役柄が大きく影響していると思われますが、トーク番組などで自分の意見をしっかり言っていることからも素直で芯の強い女性というイメージがあるのでしょう。
NHKの連続テレビ小説に出演していてそのキャラクターの正直さもイメージに大きく影響しているのではないでしょうか。

 
一方で良くない評判としては性格が良くない、気分屋といったものがあります。
といっても多くの場合テレビのトークなどズバズバものを言う姿がこういった評価のもととなっているようです。
ちょっと男前な性格も、特に女性から煙たがられる原因かもしれません。

高畑充希の性格良いエピソード


 
高畑さんの人柄がいいということを表すエピソードもたくさんあります。
特に有名なのが学生時代の出来事です。
高畑さんのクラスだけ模擬店が出せないという状況で、高畑さんと一人の友人が職員室に抗議に行きました。
その時の高畑さんは、その友人が「あんなに怒っている充希は見たことがない」と言うほど怒っていて、泣きながら先生たちに抗議したそうです。
 
これだけでもかなり熱い気持ちの持ち主だということが分かりますが、他のクラスメートはそれほどの思い入れは持っておらず、それもまた高畑さんにショックを与えました。
一生懸命で素直という性格が垣間見えるエピソードですね。
彼女の演技にもその性格が現れているように思えます。
 
人柄がいいことを表すエピソードではありませんが、誰からも愛されることを表す別のエピソードがあります。
それは多くのドラマや舞台で共演する大先輩の女優さんともため口で話せるというものです。
 
芸能界のみならず、先輩とは敬語で話すというのが一般的な常識ですよね。
でも高畑さんは大竹しのぶさんなど大先輩でも仲良くため口で話せるんです。
もちろんすべての人とというわけではないと思いますが、ため口で話しても許されることがあるというのは高畑さんが愛されている証拠と言えるかもしれませんね。



スポンサーリンク


高畑充希の性格悪いエピソードとは?

高畑充希さんに限らず、ほとんどの芸能人には性格の良いエピソードと悪いエピソードがあります。
高畑さんの性格が悪いと言われるエピソードの筆頭が俳優の柄本時生さんとの関係です。
柄本さんがトーク番組で高畑さんにフラれてしまったという話をしたときに「テレビでそんな話しなくていいよ」と言ったというエピソードです。

 
これがネットユーザーから「性格が悪い」と叩かれてしまいました。
素直で芯の強い女性だからこそ、自分の思ったことをそのままストレートに表現してしまったのかもしれませんね。
自分が人をフッた話をテレビでされるのは嫌でしょ」と高畑さんを擁護する声も少なくありません。
 
また別のエピソードとしては撮影中にカメラの位置を気にしたりアップを嫌うというものがあります。
 
またへそを曲げてしまうと楽屋から出てこなくなってしまうという話もあります。

 
ただし女優さんの多くはカメラワークやアップなどにこだわりを持っている人も多く、視聴者にどんな風に見えるかを気にしている人もたくさんいるので、特別高畑さんが気にしすぎという事もないのかもしれません。
楽屋にこもってしまうというのも女優さんにはありがちな話で、一生懸命に仕事に取り組んでいることの表れと考えることもできます。
 
実際一緒に撮影に携わっているスタッフからはそれほど性格が悪いという評判は上がっていないようです。
これからもたくさんの映画やドラマ、舞台などに活躍していく女優さんですから、視聴者からもスタッフからも愛される女優としてお仕事を続けていってほしいものですね。



スポンサーリンク






スポンサーリンク