様々なドラマや映画、さらにはバラエティ番組へ出演するなど大人気の新川優愛さんですが、彼女の性格について調べてみると「悪い」という意見も見つかります。
中には「嫌い」と直球で書かれているもの見つかるほどです。
それでは実際の彼女の性格は、良いのか悪いのかどちらなのでしょうか。
彼女にまつわるエピソードも含めて新川優愛さんの性格に迫っていきます。



スポンサーリンク



新川優愛の性格が悪いと言われる訳は?

新川優愛さんの性格がどうして悪いと言われているのか。
テレビに出演する姿を見る限り、そのようなイメージはありません。
 
そこには彼女が出演したあるドラマが原因になっていたようです。
新川さんはドラマの『GTO』で、上原杏子という役で出演していました。

 
このキャラの性格はなかなか難があるもので、さらには色々と過激な演技もあって話題になりました。
まずこの時点で、良くないイメージを持ってしまった人が多くいるようです。
 
また同じくドラマの『明日の光をつかめ』では、元暴走族の初代総長を演じています。

 
これによってさらに彼女に対するイメージが加速してしまい、モデルで清楚に見えるけどヤンキーみたいという見方をする人が出てきてしまったそうです。
それだけのイメージを持たれる演技をできるというのは凄いことですが、さすがにこれだけで彼女の印象を決めつけてしまうのは気が早いのではないでしょうか。
 
どこかで素の部分と合致するところが出てくるかもしれませんが、あくまでもドラマでの姿は演技であり、彼女自身の素という訳ではありません。
演技から受けたイメージをそのまま本人に重ねてしまう人はいるようで、それがタレント同士のカップルに発展してしまうこともあります。
ただ、さすがにそれだけで決めてしまうのはもったいないことですね。



スポンサーリンク


新川優愛は女性目線で見るとあざとい性格?


 
ここで気になるエピソードとして、新川優愛さんが自身についてブログで語ったエピソードがあります。
そこでの彼女は自身について、単純でだまされやすいところがあると書いていました。
男性の視点で見ると「いい子」というイメージを持つ人はたくさんいます。
 
しかしこれが女性視点になると「あざとい」に変わってしまうのです。
他人からそう言われるのであれば波風は立ちませんが、自分から言ってしまうことによって媚びた印象を受けてしまうようです。
 
彼女が実際にどう考えて自分の性格について書いたのかはわかりませんが、このことから悪いイメージを持つ人が増えてしまったようです。
何気なく書いたことだから素の彼女のことを表しているという見方もできますが、これだけではさすがに判断が難しいですね。
 
ほかに彼女に関するエピソードとしては、『アメトーク』に出演した際の手のひら返しがあります。
番組中で新川さんは「好きな人がスタジオにいる」と発言し、それがなんとノンスタイルの井上さんでした。

 
だけど番組の最後でのトークでは、あっさりと手のひらを返しています。
こうなると、いわゆるブサイク芸人枠に入る井上さんを好きと発言したのは、好感度アップを狙ったのではないかという見方もできます。
オチをつけたという見方もできますが、こういうところで性格が悪いと見られてしまったようです。

新川優愛の性格まとめ

彼女の性格については色々と言われていますが、最初のイメージはドラマでの役からというものでした。
そして、プライベートでのエピソードで彼女の性格が悪いことを証明するものはありませんでした。
このことから彼女に対するイメージが、そのまま評判につながっている印象を受けますね。



スポンサーリンク





関連記事一覧


スポンサーリンク