AKBを卒業後、女優として活動している川栄李奈さん。
ドラマや映画だけでなく、舞台やナレーションの仕事など幅広いジャンルで活躍しているので、世間の注目度は高いです。
彼女の演技力に対してほとんどの人は「とても上手だ」と評価しています。
今回は川栄李奈さんの演技が上手と評価される理由を探ってみたいと思います。



スポンサーリンク



川栄李奈の演技に世間は高評価

まず川栄李奈さんが出演しているドラマは、「早子先生、結婚するって本当ですか?」「とと姉ちゃん」「ごめんね青春!」などがあります。
ちなみに「とと姉ちゃん」に川栄李奈さんが出演したことによって、AKB関係者が初めて正式に朝ドラにレギュラー出演したということになります。
 
こうしたドラマが放映された直後に、ネット上で川栄李奈さんの演技に対するいろいろな書き込みがありました。
中には「AKB出身の女優の中で一番演技がうまいと思う」という意見さえありました。
しかもこのような内容の書き込みは1つや2つではないのです。
 
他にも舞台「AZUMI幕末編」に出演したり、auのCMにて織姫ちゃんを演じたりと、本当に幅広く活躍していますよね。
では彼女の演技が度々高評価を受ける理由を考えてみましょう。

川栄李奈の演技が高く評価される理由―ドラマ編―

川栄李奈さんが演じてきた役を改めて考えてみると、ドラマごとに様々なキャラクターを演じていることが分かります。
しかもどんなキャラクターを演じても、完成度がとても高いのです。
例えば「ごめんね青春!」では、ヤンキー系のキャラを演じましたが、至る所から
「ヤンキー演技が上手!」
「迫力があるけど可愛い!」
といった声が聞かれました。

 
共演した錦戸亮さん(関ジャニ∞)が「川栄李奈さんのキレかたは切れ味抜群」と絶賛したのは有名な話ですね。
 
でもそうかと思えば、「早子先生、結婚するって本当ですか?」の中で見る彼女は、料理や家事をまじめに行う普通の主婦。
松下奈緒さん演じる姉の早子の結婚相談にのったり、でも時にはお姉さんに甘えたりとリアルな女性キャラを見事に演じています。

 
さらに「とと姉ちゃん」では、ヒロイン一家が転がり込む仕出し屋の孫娘で、普段はそれほど感情を表に出さず、基本的にはクールで実直な性格の女の子を演じています。
でも学生服を着て学校に通うヒロイン常子を見て、うらやましく思っていることがにじみ出ていたり、家業への愛着が本物であることを要所要所で示していたりと、どこか情熱的な一面を感じさせるキャラクターです。

 
本心を基本的には隠しながら、でも時々心の中を映し出す必要がある難易度の高い役柄だったのでないでしょうか。
 
他にもドラマによって、清楚なキャラ、寡黙なキャラ、女性らしさを前面に出したキャラなど、いろいろな女性を圧倒的な演技力で見事に演じ切っています。
女優によってはもともと持っている性格と役柄がぴったりはまることで、演技が自然に見え評価されることがありますが、川栄李奈さんの場合はどんな役もリアルで自然な姿に映し出されていきます。
これはもう彼女の演技力以外の何物でもありませんよね。
実際視聴者だけでなく、スタッフや共演者からもその演技力の高さが評価されているそうですよ。



スポンサーリンク


川栄李奈の演技が高く評価される理由―舞台編―

舞台「AZUMI幕末編」で川栄李奈さんが見せた演技は、別の意味でも高評価を得ています。

 
もちろんその役柄も「ぶっきらぼうな女刺客でありながら、実は愛情深く優しい一面を持つ」という難易度の高いものでした。
しかしその役を堂々と演じたことよりも、もっと彼女の能力の高さを証明したものは、殺陣をはじめとする段取りすべてをわずか2週間で覚えてしまったことです!
ドラマであれば失敗しても撮り直しがききますが、舞台なので当然本番一発勝負。
 
川栄李奈さんは見事に演じ切り、演出家の岡村俊一さんから「伸びが良く、今の演技界で1位をとれる」という言葉が贈られました。
演技力に加えて成長力の高さ、度胸などが相まって彼女は高く評価されるのでしょう。

川栄李奈はナレーションも上手?


 
2016年10月に「ドキュメント72時間―四国:海だけの小さな駅で―」が放送されましたが、この番組のナレーションを川栄李奈さんが行いました。
この番組ではいろいろな女優さんがナレーションを担当するのですが、特に川栄李奈さんのナレーションは、落ち着いた声で語りかけるように話しているので、自然に引き込まれていくように感じます。
ネット上でも
「まるで他の人の人生に寄り添うようなナレーション」
「優しい声大好き!」
といった意見が相次ぎました。
今後はこの分野でも忙しくなるかもしれませんね。

大きな可能性を持つ女優・川栄李奈


 
さて川栄李奈さんの演技に対する評価やその理由を考えました。
個人的にはAKBメンバーから女優になった人のほとんどは、厳しい評価を受けているように思います。
「所詮アイドル上がり」
「AKBのネームバリューのおかげで注目されているだけで、実力はない」
と言われやすいことからすると、AKBメンバーだからこそ、重くのしかかるプレッシャーや評判があるようですね。
 
しかし川栄李奈さんはそんな重圧をはね返し、実力で評価を勝ち取っています。
AKBの…ではなく、1人の女優として純粋に演技力の高さから地位を築いているのです。
 
時おり川栄李奈さんがおバカキャラだと言われることがありますが、それは学力的な話であって、女優としての評価には全く関係ありません。
彼女は女優としての志の高さ、あらゆる役にはまり込む柔軟性、短い時間で必要なセリフや動きを吸収する才能、そして何よりも女優の命ともいえる演技を愛する気持ちを持っているので、これからも女優としてどんどん成長していくことでしょう。
これからもいろいろな作品の中で、自由自在にキャラクターを演じる川栄李奈さんが見られることを楽しみにしたいと思います。



スポンサーリンク





関連記事一覧


スポンサーリンク