今人気の若手俳優である坂口健太郎さん!
爽やかな笑顔に魅了されている女性の方も多いことでしょう。

そんな中、坂口健太郎さんの顔立ちを見てみると、
韓国人っぽいという噂があるようです。

また韓流スターの人にも似ているという噂まで!

そこで今回は坂口健太郎さんの国籍についてと、
似ていると言われている韓流スターは誰なのか、
そして韓国では実際どのくらいの人気があるのか、
韓国語を話せるのかどうかなどをじっくり検証していきたいと思います。



スポンサーリンク

坂口健太郎さんの国籍はどこ?韓国語は話せるの?

では実際に
坂口健太郎さんの国籍について
調査をしてみました。

その結果、彼は
日本国籍の純日本人
であることがわかりました。

確かに彼の顔立ちを見てみると、
塩顔で韓国人の顔立ちに似ている
とも言われています。

髪型も特徴的で、
日本ではあまり見かけないようなヘアスタイルをしていることから、
「彼は韓国人なのではないか?」
といった噂が広まってしまったのかもしれません。

それでも彼は
れっきとした日本人のようですね。

 

一方で、
韓国人という噂があったことから
「韓国語は話せるの?」
と思っている方も多いようです。

先ほどにも記載したように
彼はれっきとした日本人であるため、
韓国に住んでいたという情報もありませんし、
韓国で活動をしていたというわけでもありません。

なので、
韓国語を話すことはできない
と言われています。

つまり母国語も国籍も完全に日本のものなのに、
韓国人っぽい塩顔の顔立ちなので、
何故か韓国と関係があると
噂されているというわけです。

 

また、韓国人や韓流スターファンの日本人からは
「あの韓流スターに似ている!」
といった声がもちきりなんです!

ではその人物というのは
一体誰なのでしょうか?

坂口健太郎さんに似ていると言われている韓流スターとは?

坂口健太郎さんに似ている
と噂されている韓流スターとして、
まず多く挙げられているのが、
パク・ソジュン」さんです。

まずこちらが坂口健太郎さんの写真です。

そしてこちらがパク・ソジュンさんの写真です。

彼は韓流ドラマの「ドリームハイ2」で
活躍をしたことをきっかけに
俳優として注目されるようになった方で、
韓国でもかなりの人気がある方のようです。

確かにこの
穏やかそうな顔立ちと優しそうな笑顔
坂口健太郎さんに似ているなって私は思いました。

イケメンさんですよね!
人気が出るのも納得です。

 

スポンサーリンク

 

また他にも似ていると噂されているのが
ソ・ガンジュン」さんです。

彼は5urpriseという
イケメン俳優5人で構成されているグループの1人です。

彼もまたドラマなどで幅広く活躍されており、
多くの女性のファンを持つ人気俳優のようです。

坂口健太郎さんと比べてみると
かなり似ているなっていう印象でした!

目や鼻や全体の雰囲気まで
坂口健太郎さんに似ていると思います。

髪型もやや似ていると思うので、
兄弟だと言われても違和感がないですね!

 

このように何人かの韓流スターと
顔が似ているということからも、
韓国の人なのではないかという噂になったようです。

イケメンで爽やかな雰囲気は
やっぱりそっくりだなって私は思いました。

坂口健太郎さんについて韓国ではどんな評判なのか?

ではそんな坂口健太郎さんですが、
実際に韓国人の方からは
どんな評判なのかも気になりますよね。

実は坂口健太郎さんが注目されるようになったのは、
つい最近のことなのです。

しかしそれと同時に
韓国でもかなり人気が出ているようでした。

とある韓国女子の間では会話の中で、
彼氏にするならどんな人が良い?
という話題の中に
「坂口健太郎さんみたいな人が良い」
といった内容が出てくることもよくあるんだとか!

それだけ韓国でも注目されている
俳優さんというわけですね。

 

さらにTwitterでも
このような書き込みがされていました!

【坂口健太郎さん!ぜひ今度韓国に来てください!大好きです!】

【以前から大好きでした!ぜひ韓国に来て活動をしてください】

【本当にファンです!韓国で活動しないんですか?】

というように
韓国でもぜひ活動をしてほしい
というような声が多数寄せられていました。

 

日本だけではなく
韓国でも注目されている俳優さんというのも、
なかなか珍しいものですが、
その背景としてはやはり
塩顔というのがあるのかもしれませんね。

これからどんな活動をするのかはわかりませんが、
期待できる俳優さんであるということがよくわかりました。

まとめ

坂口健太郎さんは顔立ちが韓国人っぽいということもあり、
国籍が韓国なのではないかという噂もあったようですが、
純粋な日本人だということがわかりました。

それでも韓国人からは「ぜひ韓国でも活動をしてほしい」と
注目されているのは間違いないようです。

もしかしたらこれをきっかけに
韓国で活動する可能性もあるかもしれませんね!

その時はぜひまた応援していきましょう!



スポンサーリンク


関連記事はこちら!