演技がとてもカッコよくてたくさんの女性を魅了している
俳優の高良健吾さん。

そんな彼の性格について、
どんな性格なのか気になっている女性も多いようです。

九州男児としてかっこいい姿を見せてくれる高良健吾さんは
意外な性格なんだそうです!

そこで今回は彼の意外な性格というのは
どんな性格なのかを調査してみました。

また、彼の出身中学高校大学といった学歴や、
学生時代はどんな生活をしていたのかを卒アル写真と合わせて
ご紹介していきたいと思います!



スポンサーリンク

高良健吾さんの性格は内気だった?

ではまず最初に
彼の性格についてご紹介していきます。

実は高良健吾さんは小学生の頃が
内気な性格だったんだそうです。

とにかくあまり目立つようなことをしたくなかった彼は
5年生の頃、学校で行われた学芸会
出演することになりました。

その演目は
【滝廉太郎の生涯】
だったそうです。

高良健吾さんはあまり目立つ役をしたくなく、
セリフがない役をやりたいと思って、
廉太郎の銅像という役が良いと言ったんだそうです。

その役に決まったのは良いのですが、
その物語が始まった時に
ナレーションと同時にその銅像がバーンと出る演出になっており、

長いナレーションが流れている間、
観客の注目の的になってしまい、
全くの計算外だったと語っていました。

 

私も幼稚園の頃に劇で
ヘンゼルとグレーテルをやりました。

私の友達がやっぱりセリフを喋りたくなくて、
ヘンゼルとグレーテルが魔女を突き飛ばした時に
魔女が燃えてしまうシーンで登場する火の役をやったんですが、

その火の役は大声でメラメラゴーゴーといいながら
魔女の周りをぐるぐる回ることになり、
ここまで大声出すとは思わなかった
と言っていたのを思い出します(笑)

 

こういった劇はなるべく皆がセリフを言うように
考えられているのかもしれませんね。

高良健吾さんの場合は銅像なので
セリフを喋ることは難しいと思われて、
長い間舞台に姿を出すというように
演出を組まれたのかもしれませんね。

 

そんな彼も中学生になった頃には
内気な性格も少しずつ改善されて、
すれ違う女の子が振り返るほど
モテモテになっていたんだとか!

少しずつ自分に自信が持てるようになってきたんですね!

高良健吾さんは実は天然!共演者からのエピソード

そんな内気だった彼は、
天然な一面もあるんだそうです。

その天然エピソードは
数多くの女優さんから語られていました。

 

まずは連続テレビ小説「おひさま」で
共演した井上真央さんからのエピソードです。

撮影の時に井上真央さんを高良健吾さんが
おぶるシーンがあったんだそうです。

井上真央さんが
「ごめんね、重いでしょう」
と気を遣って声をかけたところ、

高良健吾さんから
「30キロ以上の人は基本的に重いですから〜」
と言われたんだとか!

井上真央さんからすると
「そんなことないよ」
の一言で良いのに…と思ったんだそうです。

まぁ高良健吾さんからすれば、
30キロ以上の人はみんな重いんだから
そんなに気にしなくて良いよ
ということを言いたかったのでしょう。

なかなか天然な一面があるエピソードでしたね!

 

また他にも吉高由里子さんからも
エピソードが語られていました。

なんでも、高良健吾さんと話をしている時に
話の終盤で、
何の話をしているのか聞き返されたことがあったんだとか!

吉高由里子さんにとって、
かなりこれはヘコんだそうです。

確かに話をしている途中で
「何の話してるんだっけ?」
なんて言うと、
相手に申し訳ない気持ちになってしまうかもしれませんが、
それが話の終盤まで続いて、
結局今までの話がわかっていなかったとなると、
ちょっとショックかもしれません。

ですが、
相手の話を遮らないようにしよう
という高良健吾さんの優しい一面があるとも言えますね!

 

また他にも
堀北真希さんからも
エピソードが語られていました。

映画「白夜行」で共演したお2人ですが、
堀北真希さんも高良健吾さんも
人見知りの性格をしていたようで、
撮影現場でもお互いあまり会話をしていなかったんだそうです。

しかしある時、
高良健吾さんが堀北真希さんの印象について聞かれて
「たくましい人だ」
とずっと言っていたんだとか!

堀北真希さんからしても、
女性にたくましいはちょっと…
と思っているようで、
複雑な気持ちになっているそうです。

恐らく高良健吾さんが堀北真希さんのことを
「たくましい女性」と言ったのは、
何事にも完璧にこなせる彼女の姿を見て、
尊敬の意味も込めたものだと思われます。

ですが、やっぱり女性としては
ちょっと複雑な気持ちになってしまいますよね。

 

これらのエピソードから考えると
高良健吾さんはちょっと天然な一面があるようです。

しかしどのエピソードを見ても
彼の優しさが感じられるものばかりですね。

そのため、
共演者の方も悪い気はしていないんだと思われます。

 

スポンサーリンク

高良健吾さんの出身中学校は?中学時代のエピソード

では次に
高良健吾さんの出身校について調べてみました。

実は高良健吾さんは
学校を転々としていたそうで、
なかなか友達を作ることができずに
家にこもってしまうような生活をしていたそうです。

ですが彼にとって一生の友達ができたのが、
中学2年生の時に引っ越した熊本県にある
「熊本市立江南中学校」
だったんだそうです。

当時はクラスが2クラスしかなかったため、
クラスを超えて皆が仲良しだったんだとか!

彼はここでかけがえのない友人達と出会えた
と語っていました。

学校のクラスが多すぎると
クラス内での交流で終わってしまうこともありますが、
クラスが少ないと不思議とクラスを超えた
関わりが深まるというのはあるんですよね。

私もそういった関係性が築ける学校が羨ましいな
と思ったことがよくあります。

 

そんな彼は春休みの時に
ソフトテニス部に入部したのですが、
その頃から「イケメンの転校生が来た!」
と校内で話題になっていたんだとか。

まるで漫画のようなお話ですよね!

そして彼もただイケメンというわけではなく、
かなり礼儀正しい少年だったそうです。

中学校の目の前にある文房具屋の店主さんが語るには、
人懐っこい性格で、ふとお店から校舎の2階を見ると
彼が手を振ってくれたんだそうです。

さらに卒業式の後に
「長い間お世話になりました、ありがとうございました」
とご挨拶に来たんだとか!

イケメンで人懐っこいだけではなく、
礼儀正しい一面もあるなんて、
本当に素敵な少年だったんですね。

高良健吾さんの高校時代のエピソード公開!

そんな彼は
中学校を卒業した後は
九州学院高等学校へ進学しました。

やはりここでもイケメンっぷりは発揮されており、
体育祭や文化祭などの学校行事では
ツーショット写真を撮りたい女子の列
出来ていたんだそうです。

しかし高校の頃に
彼の担任の先生を務めた方からは
「覇気がない生徒だった」
と意外な一面を語っていました。

担任の先生は、
「問題児が多いクラスだったけれども
皆が純粋で素直だったから
楽しいクラスでした」と語っていました。

高良健吾さんもそんな友達に囲まれていくうちに、
どんどん明るくなってきたんだそうです。

やはり友達の存在というのは
大きいものですよね。

それと同時に俳優としてデビューすることにもなり、
自分に少しずつ自信が持てるようになり、
表情も生き生きするようになってきたんだそうです。

 

友達に助けられながら
過ごしていた高良健吾さんは、
仲間への思いやりの気持も育まれるようになってきました。

そのエピソードとして、
ある日とあるクラスの生徒が
「高良君にいじめられた」
と先生に言ってきました。

そして高良健吾さんに真相を聞いたところ、
「その通りです」
と答えたんだそうです。

いじめを許せなかった担任は
高良健吾さんを2発ビンタしたんだとか。

しかし後日
それが嘘だったということが発覚!

悪さをしていたところを
高良健吾さんに注意された生徒が
腹いせに嘘の報告をしていたんだとか。

それに対して高良健吾さんは
「ここで本当のことを言ったら、この生徒の悪さがクラス中に広まって、居場所をなくしてしまう」
と思い、その生徒を庇ったんだとか。

真相を知った先生が後日
高良健吾さんに謝罪すると、
笑顔で許してくれたんだそうです。

仲間思いで優しい人だったと
担任の先生も語っていました。

小学生の頃は内気で引っ込み思案だった彼でしたが、
中学・高校を経て仲間との関わり方を知り
このように素敵な青年へと成長したんですね!

周りの環境というのが
とても大切だということがよくわかります。

 

そして彼は俳優業に専念するために
大学へ進学せずに芸能界へ入りました。

今でも中学・高校の友達とも繋がりがあるようで、
たまに彼のブログにも登場しているようです。

学生時代の友達と今でも仲良し
というのはやっぱり素晴らしいことですよね。

高良健吾さんの卒アル写真は?

では高良健吾さんの
卒アル写真をここで大公開いたしましょう!

それがコチラです!

目鼻がくっきりしていて、
凛々しい顔立ちをしていますね!

これならツーショットを撮りたいと
列を成した女子生徒の気持ちもわかります。

この頃からイケメンの素質があったんですね!

まとめ

今となってはイケメン俳優として大活躍をしている高良健吾さんですが、
共演者からのエピソードを見ると意外な一面があることがわかりましたね!

また学生時代も色々な体験をしたと思うのですが、
礼儀正しい好青年だったことも判明しました。

そんな魅力たっぷりの高良健吾さんの活躍がこれからも楽しみですね!



スポンサーリンク


関連記事はこちら!