Pocket

今や子ども達の間でも大人気となっているYouTuberのヒカキンさん!

もはやYouTuberのブームに火をつけた人といっても過言ではありません。

そんなヒカキンさんはほぼ毎日、面白い動画を投稿しており「ヒカキンさんの動画を楽しみにしている」という声もたくさん寄せられています。

そんなヒカキンさんですが、実は本名がちょっと珍しく読み方が分からないと話題になっているようです。

また他にも出身地にも色々な声が寄せられており、顔立ちから「もしかして在日韓国人なのでは?」という噂もあるようです。

さらにヒカキンさんの昔の画像卒アルも公開されているようで、ますます注目されてきているようです。

そこで今回はヒカキンさんの本名をはじめ、出身地や在日韓国人という噂の検証、そして昔の画像や卒アルについても調査をしていきたいと思います。



スポンサーリンク

ヒカキンさんの本名とは?読み方や由来もご紹介!

 

ヒカキンさんの本名について調べてみた結果、本名は

【開發 光】(かいはつ ひかる)

ということがわかりました。

 

「開發」という苗字もなかなか珍しいですよね。

実はこの苗字は全国で約70名しかいないほど珍しい苗字なんだとか!

そしてこちらの苗字は主に東京都や埼玉県や富山県に見られるそうです。

 

元々この「開發」という苗字が誕生したのは富山県で、そこで新たに土地を開発している人たちが「開發」と名乗るようになったことが始まりのようです。

確かにこういった苗字はその土地でどんなことをしていたのかというところから苗字が生まれると聞いたことがありますが、この開發もまたそのような理由で誕生したんですね!

 

なんとなくこういった苗字の由来を見ると「開発者や技術者」といったイメージが湧きますが、まさにヒカキンさんはこの苗字通りYouTuberというものを開発したのかなって思ってしまいました。

ちなみにこの本名についてはヒカキンさんもTwitterで言及していたので、間違いはないと思います。

 

では何故「開發 光」から「ヒカキン」という名前が付けられたのでしょうか?

 

実は彼は小学校3年生から高校3年生までスキージャンプをしていました。

そして一緒にスキージャンプをしていた先輩が「光」という名前から「ヒカキン」というあだ名を付けて読んでいたのだそうです。

 

そして、彼が中学生の頃に、このヒカキンという名前で掲示板にビートボックスの音声を投稿していると、少しずつ名前が広がっていったのだとか!

そして掲示板だけではなく、YouTubeを使ってビートボックスの動画を投稿するようになり、今に至るというわけです。

 

彼の動画の始まりはビートボックスだったんですね!

今でも動画でビートボックスを披露してくれているので、ぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

ヒカキンさんの出身地はどこ?在日韓国人という噂も?

 

先程「開發」という苗字は富山県が発祥の地としましたが、実はヒカキンさんの出身地は新潟県妙高市となっていました。

しかしその一方で、「ヒカキンさんは在日韓国人なのでは?」という噂もあるようです。

 

実際にネットでも…

「ヒカキンがたまに韓国人?と思うことがある」
「噂で見たけどヒカキンって韓国人だったの?」
「ヒカキンって目がちょっと細いから韓国人っぽいけどどうなんだろう」

というような声が寄せられていました。

 

目が細くて離れていると韓国人なのでは?と思われてしまうようですが、果たしてヒカキンさんはどうなのでしょうか?

 

ヒカキンさんは新潟県で生まれ、妙高市立妙高高原中学校を卒業した後、そのまま新潟県にある県立新井高等学校へ進学しています。

そして高校を卒業した後はヒューマンビートボクサーに憧れて、レベルの高いビートボクサーがいる東京へ上京しました。

 

このように彼の経歴を見ると、韓国とは何の繋がりもありません。

 

また、彼の母親が動画に登場したことがあり、顔は公開していませんでしたが間違いなく日本人だったため、ヒカキンさんはれっきとした日本人だと思います。

 

おそらくは目が細くて離れていたり、「開發」という珍しい苗字であることからこのような噂が出てしまったのではないかと思います。

ただ、先程にもあったように開發は日本の苗字となっているので、この点から見てもヒカキンさんは日本人であることに間違いはないようです。

 

スポンサーリンク

ヒカキンさんの卒アル画像が流出!?昔の写真も大公開

今や芸能人並の人気を持つヒカキンさん。

どうやら彼の卒アル写真や昔の写真が気になるという方も多いようです。

 

そしてついにヒカキンさんの卒アル写真が流出したようです。

それがこちら!

 

第一印象としては「真面目そう!」という印象です。

やはり学生という幼さがありながらも、今のヒカキンさんの面影は十分にありますよね。

 

また卒アルだけではなく、昔の写真も何枚か公開されていました。

 

こちらの写真は子どもの頃のヒカキンさん!

可愛らしくてやんちゃな男の子っていう感じですね。

この頃から自分のやりたいことに対して活発的だったのかもしれません。

 

そしてこちらは高校の運動会に参加している時の写真です。

この頃はやっぱりお年頃なのか髪型などもユニークになってきています。

違和感なく溶け込めているというのもすごいですね。

 

そしてこちらはスーパーで働いていた時のヒカキンさんです。

スーパーで働いていた頃は、レジ打ちというよりは棚卸しや品物を運んで陳列するといった仕事を中心にしていたのだそうです。

この時から動画は趣味の一環として投稿をしていたようです。

 

スポンサーリンク

 

またこの頃はメガネではなくコンタクトレンズだったようですね。

実際に初期の頃の動画でもメガネではなくコンタクトレンズで撮影していたようです。

 

 

最初はビートボックスを披露する動画でしたが、やがて商品紹介などをするようになり、そこから一気に人気のYouTuberになっていきました。

今ではバラエティ番組に出演したり、有名人とのコラボもするようになり、知名度がグンと上がっていきました。

趣味で動画を投稿していたヒカキンさんが、ここまで有名人になるとは…改めて驚かされますね。

まとめ

今回はヒカキンさんの本名や出身地について明らかになりました。
苗字はとても珍しいものでしたね!

また在日韓国人ではないかという噂もありましたが、どうやら純粋な日本人であるということもわかりました。

また、昔の写真も公開されていますが、今とそれほど大きく変わっていないなという印象です。

ますます魅力を増していくヒカキンさん!
これからの活躍にも期待大ですね。



スポンサーリンク
Pocket

合わせて読みたい!


関連記事一覧


スポンサーリンク