Pocket

今年の11月に発表された「安室奈美恵さんの引退発表」は、音楽界にも激震が走るほどの大ニュースとなりました。

そういったことを受け、今安室奈美恵さんだけではなく、彼女の息子さんにも注目が集まっているようです。

実際に安室奈美恵さんは育児に対しては色々な考えがあり、いつも息子のことを最優先に考えながら生活をしていました。

その根本には「母親として子どもと過ごす時間を大切にしたい」という強い想いがあったのではないかと思います。

なので、今回の引退発表に際して「もしかして引退の理由の1つは息子さんのためなのでは?」といった噂まで出ているほどです。

そこで今回は安室奈美恵さんの息子さんの名前や由来や年齢、そして大学はどこへ進学したのかということを考察するのと同時に、安室奈美恵さんと息子さんのエピソードをいくつかご紹介していきたいと思います。

また、息子さんに関する週刊誌の情報も写真付きで大公開していきたいと思います。



スポンサーリンク

安室奈美恵さんの息子さんの名前や年齢は?

 

では早速、安室奈美恵さんの息子さんについて、色々と調査をしてみました。

まずは簡単なプロフィールからです。

 

名前→安室 温大(あむろ はると)
生年月日→1998年5月19日
年齢→19歳
両親→安室奈美恵(母)・SAM(本名:丸山 正温)(父)

 

皆さんも記憶に残っているかとは思いますが、1997年に人気絶頂だった安室奈美恵さんは、同じ小室ファミリーであるTRFのSAMさんと結婚をしました。

その時既に、安室奈美恵さんは妊娠していたため授かり婚となっていました。

 

当時は授かり婚については厳しい意見が寄せられてしまいがちだったので、ファン達の間でも驚きの声があったようですが「アムロちゃんらしい」と言われ、逆に多くの支持を集めていたのです。

これもやっぱりカリスマ性があるからなのでしょうか…。

 

私も当時は安室奈美恵さんの曲をたくさん聴いていたので、このニュースには本当にビックリしましたが、心から祝福していました。

何よりもアムロちゃんの幸せそうな顔にこっちまで嬉しい気持ちになっていましたね…。

 

そして1998年5月に長男である温大君を出産し、まさに幸せな家庭を築いていくだろうなと誰もが思っていました。

しかしその4年後の2002年7月に2人は離婚をしてしまいます。

 

当時は苗字が変わることを懸念し、親権はSAMさんが持ち、養育権は安室奈美恵さんが持つことになりました。

しかしその後、SAMさんが仕事の都合上、育児を続けることが困難になりそうとのことだったので、親権は安室奈美恵さんに移されることになり、今は安室奈美恵さんの元で生活をしているようです。

 

一時期は息子さんが母親の元を離れてしまったことで、様々な想いを抱えていたようですが、こうして戻ってきたのも運命だったのかもしれませんね。

 

ちなみに息子さんの「温大」という名前の由来は、恐らくお父さんの名前「正温」から一文字取って付けられたのではないかと思います。

やっぱり男の子だったのでお父さんの名前から一文字もらうと決めていたのかもしれませんね。

 

また漢字の構成から勝手に由来を考えると
「心が温かい人間になり、大きく育ってほしい」
という願いが込められているのかな?と思いました。

いずれにせよ、両親の願いが込められている素敵な名前ですね。

 

スポンサーリンク

安室奈美恵さんの息子の大学はどこ?

そんな温大君は今年で19歳!

そこで気になるのは「どこの大学へ通っているの?」ということだと思います。

 

一般人なので正確な情報は出ていませんが、予想では
「同志社大学」
ではないかという説が濃厚のようです。

 

実は温大さんは小学校から高校までインターナショナルスクールに通っていたのだそうです。

そして安室奈美恵さんは毎日温大さんの送り迎えをしていたことが明らかにされていました。

 

 

また温大さんは高校生の頃にアメリカに短期留学をしていた経験もあり、そこでハイスクールに通っていたこともあったのだそうです。

高校生活をアメリカで過ごしていたとなると、大学もアメリカなのかな?と思ったのですが、どうやら大学は帰国して日本の大学に進学することになったようですね。

 

そして進学先として濃厚とされていたのが「同志社大学」でした。

というのも、こちらの大学は京都にある大学なのですが、安室奈美恵さんが京都に高級マンションを購入したという噂が出ているのです。

 

その理由が「息子さんが同志社大学に通うからなのではないか?」という憶測が出て、そのまま同志社大学に進学するという噂に繋がったようです。

しかし先ほどにも記載しまいたが、温大さんは一般人なので正確な情報は出ていません。

ただ、過去の学歴を見ると学力の高い大学に通っているのは間違いなさそうですね。

 

スポンサーリンク

安室奈美恵さんの息子とのエピソードを大公開!

 

ではそんな安室奈美恵さんと温大さんにはどのようなエピソードがあったのでしょうか?

 

まず1つ目は
「とにかく温大さんのために時間を費やそうとしていた」
というものです。

安室奈美恵さんは
「親が芸能人だからといって子どもの学校や生活をおろそかにしてはいけない」
という考えを常に持っていたのだそうです。

 

なので学校で開催された行事などにも積極的に参加するようにして、他のお母さん達とも交流を深めていったのだそうです。

あの安室奈美恵さんが親として交流するなんてビックリですが、これもまた息子さんのことを思っているからこその行動ですよね。

 

また、ライブの時以外は18時以降の仕事や土日の仕事は基本的にNGにしており、この間は息子さんと過ごす時間に充てていたようです。

この話はファン達の間でも有名な話で「素晴らしいお母さんだ」と絶賛の声が寄せられていました。

 

芸能人の親だとついつい家を留守にしているようなイメージがありますが、安室奈美恵さんはとにかく息子さんと一緒にいる時間を作ろうと意識されていたんですね!

これは本当に素晴らしいことだと思います。

 

スポンサーリンク

 

そして2つ目は
「温大さんを守るために週刊誌を起訴したこと」
です。

実は過去に安室奈美恵さんと温大さんが歩いている所を写真に撮られ、週刊誌に掲載されたことがありました。

 

しかしそのことに怒った安室奈美恵さんは、なんとその週刊誌を起訴したのです。

そして判決は
「今後は温大さんの写真は掲載しない」
という約束をして和解することになりました。

 

やはり温大さんは一般人の子どもだったので、その子を守るために安室奈美恵さんは毅然とした態度で週刊誌に対応していたのでしょう。

これもまた温大さんを思うが故の行動だったと考えられます。

 

この事について安室奈美恵さんは…

「私も仕事柄、自分のことを週刊誌に書かれてしまうのは仕方ないことだと思っていますし、自分自身のことなら何を書かれても構いません。ただ、大切な家族や自分の生き方を【安室奈美恵】による犠牲になんてさせない」

と語っていたことがありました。

 

「芸能人の安室奈美恵」ということで周りが傷つくというのは、見るに耐えられなかったのでしょう。

こういった考えを持っているなんて本当にカッコいいですね!

 

このように安室奈美恵さんの行動には常に温大くんのことを思っての行動であることがほとんどです。

その根本には「母親として息子を守りたい」という思いが強くあるんだなというのがよくわかりますよね。

これが母親の本来あるべき姿なのかもしれません。

 

スポンサーリンク

安室奈美恵さんの息子さんはまた週刊誌に撮られていた!

そんな中、時は流れて温大さんも大人になったことから、再び週刊誌に写真が掲載されました。

その時の様子がこちらです。

 

 

この写真が撮影されたのは2016年で、安室奈美恵さんと温大さんが2人で歩いている姿です。

子どもだった温大さんはすっかり男性らしい体格となっており、安室奈美恵さんはスラッとしたモデルさんのようなスタイルですね!

 

実際にこの時週刊誌では「渋谷デート」として掲載されていましたが、年頃の男の子が母親とデートをするというのもなかなかレアですよね!

大抵は息子が嫌がって母親とは出かけないものだと思っていたので、これには私もビックリしました。

 

実際に世間の声を見てみると…

「羨ましい!私も同じ年齢の息子がいるけど絶賛反抗期中で一緒に外出なんてできない」

「息子と歩いているのに恋人同士に見えるなんてすごすぎる!こんなに自然体でいられる親子って憧れるな」

というように羨ましがる声が続出していました。

 

この写真は後ろ姿で顔まではわかりませんが、きっとご両親に似てイケメンに育っているんだろうなって思います。

こうして母親と一緒に出かけるのも、安室奈美恵さんが息子さんのことを思って子育てをしていった結果だと私は思います。

彼女の優しい気持ちが温大さんにも伝わったのでしょうね!

まとめ

安室奈美恵さんが引退することによって、多くの人たちが驚きと寂しさに包まれました。

こうして見てみると、安室奈美恵さんは温大さんと過ごす時間をもっと欲しいと思ったのも理由の1つなのかなって思いますよね。

芸能界にいた頃は忙しくて、満足のいくほど時間が取れなかったのも引っかかっていたのかもしれません。

これからは1人の母親として生活をしていくことになると思います。

ぜひこれからの彼女を温かく見守っていきましょう。



スポンサーリンク


Pocket

合わせて読みたい!


関連記事一覧