Pocket

数年前、日本でも人気アイドルとして活躍してきたKARAや少女時代…。
彼女たちが活躍してから7年経ち「韓流ブームは過ぎた」とも言われてきています。

しかしその中で、また韓流ブームが再燃するのではないかと言われています。

その中でも今特に注目されているのが最近日本デビューを果たしたK-POPユニット「TWICE」です。

彼女達は6月28日にデビューアルバム「#TWICE」をリリースし、7月1日付のオリコンで、デイリーCDアルバムランキング1位を獲得しました。

そんな彼女達のグループは、韓国人が5人と日本人が3人と台湾人1人というメンバーで構成されており、いわゆる多国籍グループアイドルとして活動をしています。

今回はこのメンバーの3人の日本人について焦点を当ててみたいと思います。

その日本人のメンバーは、モモ・サナ・ミナといいます。

彼女達のプロフィールや過去のエピソードをはじめ、日本語韓国語はどのくらい話せるのか、韓国での評判はどうなのかということについて調査をしていきたいと思います。



スポンサーリンク

TWICEの日本人メンバー(モモ・サナ・ミナ)のプロフィール大公開!過去のエピソードもご紹介!

ではまず最初に
3人のプロフィールをご紹介します。

 

まずはモモさん!

 

 

本名→平井 もも(ひらい もも)
生年月日→1996年11月9日
年齢→21歳
血液型→O型
出身地→京都府京田辺市
身長→166㎝
ポジション→サブボーカル・メインダンサー
趣味→食べること・ショッピング・映画鑑賞・ドラマ鑑賞・ネイルアート
特技→お腹だけウェーブすること

 

モモはTWICEの中でもダンスがとにかく上手なメンバーです。

圧倒的なダンスの実力を見せてくれる彼女はメインダンサーも務めており、曲を大いに盛り上げてくれています。

 

そのダンスの様子はオーディションでも披露されていました。

 

やはり迫力のあるダンスでついつい見入ってしまいますね。

ずっと見ていたくなるような魅力があるなと私は思いました。

 

それもそのはずで、彼女は3歳の頃からダンスを習っており、大阪にある「STEPOUT DANCE STUDIO」にも所属しているほどの実力!

 

そして小学生の頃には「Barbie」というダンスチームでも活動をした経験があり、子どもの頃はとにかくダンスをしながら過ごしていったことがわかります。

それが今のあのダンスに繋がっているので、相当努力をされたのでしょう。

 

ちなみに彼女は中学を卒業後に高校へ進学せずに韓国へ行き、そのあと日本に戻った時に高卒認定試験を受けて合格しています。

 

次にサナさんです。

 

 

本名→湊崎 紗夏(みなとざき さな)
生年月日:→1996年12月29日
年齢→20歳
血液型→A型
出身地→大阪府大阪市
身長→166㎝
ポジション→サブボーカル・サブラッパー
趣味→香水集め、ショッピング・食べること
特技→書道

 

彼女が今の事務所JYPに所属する前は、EXILEの「ダンスアカデミーEXPG」大阪支店で練習生として所属をしていました。

 

そんな彼女はTWICEのオーディションの時に披露したのは歌やダンスではなく、なんと料理

その時のメニューは生春巻きで、これはJYPの社長であるパク・ジニョンさんが有機野菜好きということで作ったのだそうです。

 

会場で一生懸命料理をするサナさんに、会場も何やらほっこりとした空気になったのだそうです。

その様子がこちら!

 

まさかオーディションで料理を披露するとは…審査員も予想外だったことでしょう!

でも彼女の天真爛漫さがここで発揮され、見事TWICEの1人として選ばれました!

 

そんな彼女もまた中学を卒業した後は高校へ進学せずに韓国へ渡りました。

そして日本で高卒認定試験を受けて合格しました。

 

スポンサーリンク

 

次にミナさんです!

 

 

本名→名井 南(みょうい みな)
生年月日→1997年3月24日
年齢→20歳
血液型→A型
出身地→兵庫県西宮市
身長→163cm
ポジション→サブボーカル・メインダンサー
趣味→ショッピング・美味しいものを食べる
特技→バレエ

 

彼女は昔からバレエを習っていた経験があり、それが今のパフォーマンスで発揮されています。

 

 

彼女は11年間バレエを習っていたそうで、オーディションでも披露していました。

 

その時のミナさんはジゼルを披露します。

社長はバレエが好きで、ジゼルが特に好きだったのだそうです。

 

今回ミナさんは社長が好きな動作をたくさん取り入れていたようで、社長も大喜びだったんだそうです。

その様子がこちら!

 

なんとも所作が綺麗で、素敵なバレエです!

体もとてもしなやかで、今のパフォーマンスにも活かされているというのがよくわかりますね。

 

彼女は中学を卒業後に兵庫県の小林にある「小林聖心女子学院」というお嬢様学校へ通っていたようです。

 

それでも彼女はK-POPが好きでK-POPのダンススクールにも通っており、本格的に歌手を目指すために高校は中退したようです。

 

以上が彼女達のプロフィールと過去のエピソードです。

3人とも昔から韓国が好きで憧れていたんですね。

その憧れの韓流で今活躍されているので、本当にこれはすごい事だと思います!

 

スポンサーリンク

TWICEには何故日本人メンバーがいるの?

 

そんな中、何故K-POPなのに日本人が所属しているのかと気になる方も多いと思います。

 

その理由はまず彼女達がK-POPの大ファンだったというのが考えられます。

彼女達が中学生の頃にはKARAや少女時代が活躍していて、K-POPに憧れた女性もたくさんいました。

 

その中で彼女達は実際にK-POPで活躍したいと思って韓国に渡ったことがTWICEに所属するきっかけになったと思われます。

 

しかし彼女達がK-POPで活動し始めようとした時、日本では既に韓流ブームが去ってしまっており、再び再燃させなくてはなりませんでした。

そこでTWICEは日本でもブレイクできるように、日本人メンバーを加入させたのではないかと思われます。

 

K-POPが好きでK-POPグループとして活動したいサナさんミナさんモモさん、そして再び韓流ブームを再燃させたいという想いが一致してTWICEが結成されたのですね!

 

スポンサーリンク

モモ、サナ、ミナは日本語と韓国語はどのくらい話せる?

そんなサナさんミナさんモモさんですが、
日本語や韓国語はどのくらい話せるのか気になりますね。

 

彼女達は韓国で活動をしていても、中学生までは日本で過ごしていたので、日本語はペラペラなのではないかと思われたのですが、どうやら長く韓国にいたため日本語を少し忘れてしまったようです。

 

その様子がこちら!

 

確かにちょっとたどたどしい部分があります。

長く海外にいるとやっぱり日本語って忘れてしまうんですね!

 

そしてこの3人は韓国語はペラペラになっているようです。

実際3人同士の会話も韓国語で行われているんだとか!

 

実際に彼女達が韓国語を話している様子がこちら!

 

他のメンバーとも韓国語でやり取りをしており、その会話もとっても自然ですよね。

やはり長く韓国にいると、韓国語もどんどん身に付くようですね。

 

ちなみに彼女達は韓国語を勉強する時はレッスンはもちろん、韓国のバラエティ番組などを見ながら勉強をしていったのだそうです。

また、メンバー同士の会話でわからない言葉があったらメモをして、後から辞書で調べて、覚えたらインタビューなどで積極的に使おうとしているんだとか!

 

これを繰り返していくうちに、韓国語も自然と話せるようになったのだそうです。

本当に勉強熱心ですね!

語学留学する時には是非ともその姿勢を見習いたいものです…。

 

スポンサーリンク

TWICEの日本人メンバーについて韓国の評判は?

 

では実際にTWICEで日本人メンバーが所属していることについて、韓国の人達からはどのように思われているのでしょうか?

確かに政治面から見ると日本と韓国は仲が悪いので、心配な面もありますよね。

 

実はTWICEの日本人メンバーは韓国ではとにかく人気なんだとか!

 

あの「TTポーズ」も韓国で大流行しており、日本人メンバーのパフォーマンスや歌のパートも好きという声がたくさん寄せられていました。

 

 

詳しく見てみると…

【日本でデビューしたら韓国での活動が減っちゃうのかなぁ…】

【嫌韓モードが強いとなかなかメディアに出にくいよね…日本でデビューして大丈夫かな?】

【日本人メンバーすごい好き!あのダンスなどのパフォーマンスも最高!】

 

という声があり、ずっと応援したいという声もあれば、日本でデビューして大丈夫かという心配の声もありました。

 

ただ、韓国では日本人メンバーも好評なのは間違いないようです。

どうしても反日や嫌韓といった思考が根強いと、お互いに活動しにくい部分があるかもしれませんか、いつか伸び伸びと活動できる日が来ると良いなと改めて思います。

まとめ

TWICEは多国籍グループという今までにないスタイルでデビューを果たしました。

まだまだ発展途上中のグループなので、これからどんな活躍があるか今から期待できそうです。

また日本人メンバーの3人も負けず劣らず活動をしているので、もしかしたらK-POPに憧れる人もまた増えるかもしれませんね!

ぜひ多くの人達に影響を与えるグループになっていってほしいです。



スポンサーリンク


Pocket

合わせて読みたい!


関連記事一覧