Pocket

2016年11月に大統領選で勝利を収めたドナルド・トランプ氏は第45代アメリカ合衆国大統領に就任しました。

大統領になる前から過激な発言も多く、今回の彼の就任に対して様々な反響があり、日本でも結構多く報道されていましたね。

その中で多くのメディアが注目したのは、ドナルド・トランプ氏だけではなく彼の家族についてでした。

実際にトランプ大統領は3回の結婚経験があり、子どもは孫も合わせて8人います。

その中でも特に注目されているのは、1人目の奥さんであるイヴァナさんとの間に生まれた娘のイヴァンカさんと、現在の奥さんであるメラニア夫人の息子であるバロン君です。

そこで今回は娘のイヴァンカさんについて、身長年齢などのプロフィール、彼女が立ち上げたブランドについてと整形の噂を検証し、日本でもニュースになった「イヴァンカ基金」について取り上げます。

そして息子のバロン君のプロフィールと通っている学校についてご紹介するのと同時に、彼の歩き方自閉症であるという噂についても調査していきたいと思います。



スポンサーリンク

トランプ大統領の娘・イヴァンカさんのプロフィールを大公開!

 

ではまず最初に
娘のイヴァンカさんについてプロフィールをご紹介します。

 

名前→イヴァンカ・マリー・トランプ
生年月日→1981年10月30日
年齢→36歳
出身地→ニューヨーク州マンハッタン
出身校→ペンシルベニア大学
職業→実業家、ファッションモデル

 

実はイヴァンカさんは
ペンシルベニア大学を首席で卒業した才女なのだそうです。

元々難関校ともされているペンシルベニア大学で、さらに首席で卒業をするとは…

これは本当にすごいことです。

 

また彼女はとにかく美人さんで若々しさがあるのも注目されている理由の1つです。

実際私もテレビで彼女を拝見した時、20代後半くらいかなぁと思っていたのですが、まさかの36歳にビックリしました。

きっと美容面もかなり気をつけていらっしゃるのでしょう…。

 

スポンサーリンク

 

トランプ大統領の娘・イヴァンカさんの身長が高い!

またイヴァンカさんの身長にも注目してみました!

実は彼女の身長は180cmもあります。

 

彼女はこの長身を活かして、1997年に雑誌「Seventeen」で表紙を飾ったこともあり、その後はVERSACEなどの有名なブランドが開催するファッションショーにもモデルさんとして何度か出演されたこともあるんだそうです!

 

実際に身長を他の人と比べてみましょう!

まずはこちら!

 

こちらは安倍首相とのツーショットです。

安倍首相は175cmで、
イヴァンカさんとは5cm差ということになりますが、ヒールもあってかなり身長が高く見えますね。

なんともスラッとしたスタイルが羨ましいです…。

 

次にこちらをご覧下さい。

 

 

こちらは父であるドナルド・トランプ氏とのツーショットです。

トランプ大統領は188~190cmある大男ですが、イヴァンカさんとの身長差はそんなに大きくありませんね。

改めてイヴァンカさんが高身長であるということがよくわかります。

 

スポンサーリンク

 

トランプ大統領の娘・イヴァンカさんに整形疑惑?

そんなイヴァンカさんには整形疑惑も出ているようです。

 

昔のイヴァンカさんがこちら。

 

そしてこちらが今のイヴァンカさんです。

 

そんなに大々的な整形はされていないようですが、小鼻あたりがちょっと変わったかな?という印象です。

また、顎の方もちょっと変わったような気もします。

 

ほんのちょっとの変化なので、無理に整形することもなかったのでは…?

と私は思ったのですが、やはりモデルさんということもあり、美には徹底的にこだわっていたのかもしれませんね。

それでもやっぱり美人さんであることは変わりありません。

トランプ大統領の娘・イヴァンカさんのブランドについて!

次にイヴァンカさんが立ち上げたとされるブランドについてです。

 

彼女は以前からドナルド・トランプ氏の会社経営を手伝っていたりしたこともありました。

そして彼女は自身のブランドである「Ivanka trump」を2007年に立ち上げ、その類稀なる才能を発揮していきました。

 

実際にこのブランドはアメリカ国内では非常に有名なブランドだったのですが、世界的にはまだまだ認知度は高くありませんでした。

そんな彼女のブランドが世界から注目されるようになったのが、トランプ氏の大統領出馬の時だったのです。

 

しかし実際にトランプ氏が大統領選に勝利して大統領に就任した時、イヴァンカさんは父親の会社の業務とブランドから退くことにしました。

恐らくイヴァンカさんが父親の政治を利用してビジネスをするのではないかという批判的な意見を受けないためだと思われます。

 

本人にとってそのつもりはなくても、やはりトランプ氏の娘のブランドというだけでかなり注目されてビジネス面にも大きく影響を受けてしまう可能性は十分にあるので、彼女の判断はやむを得ないものだったのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

話題となったイヴァンカ基金とは?

 

さてイヴァンカさんのことでもう一つ話題になったのが「イヴァンカ基金」と呼ばれるものです。

このイヴァンカ基金というのは、イヴァンカさんが実際に立ち上げに関わった「女性起業家資金イニシアティブ」という国際的基金のことです。

 

実はこれは国際的な基金となっており、国連の世界銀行の基金とされているものです。

なので実際はイヴァンカさん本人が運営しているものではなく国連が運営しているものとなっています。

つまりイヴァンカさんはこのお金の使い道について指示する権利はないということです。

 

さらにこのイヴァンカ基金の正式名称には「イヴァンカ」という名前は入っていません。

ですが今回イヴァンカさんが来日していて女性起業家の印象も強いことから、日本のメディアが勝手に「イヴァンカ基金」と名付けてしまったのです。

 

つまり「イヴァンカ基金」と呼んでいるのは日本だけということになります。

 

しかしこの呼び方によって日本国内は一時混乱状態になりました。

というのも
「安倍首相がイヴァンカ基金に57億円を支援する」
というニュースが出たからです。

 

このニュースを聞くと…
「え!イヴァンカさんが来日して安倍首相と対談したら57億円手に入れちゃったの!?」
と思うかもしれません。

ですが先ほどの説明をご覧になった方はわかるようにこれは間違いです。

 

実際に安倍首相が支援したのは「女性起業家資金イニシアティブ」ですし、この支援を決めたのは安倍首相とイヴァンカさんとの対談の時ではありませんでした。

これは事前に世界の主要国と新興国が集まるG20が話し合って決められたもので、日本を含めて13ヶ国が支援することになっていたのです。

 

そしてそのうち日本が支援するのが57億円ですよと決められていたのです。

つまり安倍首相はイヴァンカさんに「日本は57億円支援しましたよ」とアピールしたいという面もあったのではないでしょうか?

 

さてこの57億円についてですが、
財源は一体どこから出たのでしょうか?

「もしかして私たちの税金から…?」
「もっと国民のために使ってよ…」

と思うかもしれませんが、実はこの財源は私たちの税金からではありません。

 

こちらは「外貨準備高」というところから出されたもので、こちらは税金ではなく日本銀行と財務省が持つ準備資産です。

これは日本円ではなくドルやユーロで準備されているので、国内で「円」として使うことはできません。

実際に安倍首相も「5000万ドル支援した」と話していましたが、メディアではわかりやすく「57億円」と報道しました。

 

しかしその結果、さらに混乱してしまって税金が使われた!という騒動に発展してしまったというわけです。

実際にまだ日本でも誤解されている方が多いのですが、こういった誤解が少しでも解かれることを願うばかりです。

 

スポンサーリンク

 

トランプ大統領の息子・バロン君のプロフィールを大公開!学校や身長は?

 

では次にトランプ大統領の息子の1人であるバロン君についてご紹介します。

 

彼のプロフィールがこちら!

名前→バロン・ウィリアム・トランプ
生年月日→2006年3月20日
年齢→11歳
国籍→アメリカ
父→ドナルド・トランプ
母→メラニア・トランプ

 

実際にバロン君が通っていた学校については様々な説が出ています。

トランプ大統領とメラニア夫人は当初はホワイトハウスには住んでおらず、トランプ氏が1983年に建てたとされるマンハッタン5番街の58階建てのトランプタワーに住んでいました。

そこからメラニア夫人はバロン君の送り迎えをしていたそうです。

 

そしてバロン君はここから同じくマンハッタンにある
「コロンビア・グラマー・アンド・プレパラトリー・スクール」
に通っていたと思われます。

そして学年が変わったころにトランプ大統領の家族たちはホワイトハウスへ引っ越します。

 

それ以降バロン君はホワイトハウスから車で15分ほどにあるメリーランド州の私立
「セントアンドリューズ・エピスコパル・スクール」
へ通うことになりました。

ここの学費はおよそ4万ドルほどで日本円で約450万円となっています。

 

さすがトランプ大統領のお子さん…
通う学校にもお金がかかっております…。

ここでバロン君はしっかり勉強を頑張っているようですね!

 

そんなバロン君の身長は、なんと10歳の頃には170cmを超えているんだとか!

実際にお父さんと比べてみると…

 

10歳の頃にはお父さんとの身長差がわずかこのくらい!

日本の10歳の子どもと比べても、これほど大きい子はなかなかいませんよね。

 

さすがトランプ大統領の血を受け継いだ子どもですね…。

彼の子供たちは皆高身長のようです。

 

スポンサーリンク

 

トランプ大統領の息子・バロン君は発達障害?歩き方についても話題に!

 

さてそんなバロン君ですが、とある噂が今流れています。

それは
「バロン君は自閉症なのではないか?」
というものです。

 

というのも、
トランプ大統領が誕生した時の演説の時に、バロン君が立っていた様子に違和感を感じたという人が多くいたのです。

その時のバロン君はとにかく眠そうな表情をしており、体も何だかそわそわとしている様子で落ち着きがなかったのです。

 

そこから
「注意欠陥・多動性障害なのでは?」
と言われるようになってしまいました。

しかしこの時は夜も遅く、子どもは本来寝る時間だったということもあり、バロン君はとても眠かったと考えられます。

 

その中でも起きていなくてはならないという状況で、さらにまだよく内容がわからない演説に耐えられなかったというのもあることでしょう。

とっても子どもらしい一面だなって私は思いました。

 

スポンサーリンク

 

またバロン君の歩き方についても気になるという声がありました。

というのも、
歩き方が特徴的すぎて、そこから自閉症なのでは?という噂も出てしまっているようです。

 

実際にバロン君のあるきかたを見ると、上半身が左右に揺れながら歩いている様子でした。

このように横ぶれで歩いている時は、大抵「疲れている時」「足に怪我をしている時」「脚長差がある」「指を使って歩いていない」というのが原因として挙げられているようです。

 

しかし実際にこの噂はネット上での噂で、なんの確証もありません。

おそらくこれはバロン君の歩き方にある癖なのでしょう。

まとめ

このようにトランプ大統領は本人だけではなく子どもたちもまた注目されているようです。

イヴァンカさんはトランプ大統領のように実業家としても活躍されていたことがあるので、きっとビジネス面でもかなりのカリスマ性があるような気がしました。

また、バロン君もまだまだ子どもですが、今からどんな子になるのか期待されているようです。

これからも様々なところで話題になると思いますので、トランプ大統領と一緒にチェックしていきましょう!



スポンサーリンク


Pocket

合わせて読みたい!


関連記事一覧