Pocket

最近ではラジオ番組などでも注目されており、曲もよく流れることで話題沸騰中のシンガーソングライターのNOBUさん!

彼の声は非常に優しいもので、ついつい何度も聴きたくなるような魅力がありますよね。

特に最近NOBUさんの「いま、太陽に向かって咲く花」という曲も注目されているようです。

人を惹き寄せる魅力のある声はもちろん、その歌詞もまた心にくるもので多くの人達に感動を与えているようです。

そんな話題沸騰中のNOBUさんですが、過去には色々と波乱万丈な人生を送ってきたようです。

またお兄さんの関係性についても様々なことが明らかにされていきました。

また、中にはNOBUさんは創価学会と繋がりがあるという噂も流れているようです。

そこで今回はNOBUさんの本名や出身校を含めたプロフィールを紹介するのと同時に、彼のお兄さんについてや創価学会の繋がりについても調べてみたいと思います。

また最近になって「今年のレコ大新人賞が内定済み」という噂もあるようでした。

その噂の真相とNOBUさんの歌についての世間の評価を改めてご紹介していきたいと思います!



スポンサーリンク

NOBUのプロフィール公開!本名やこれまでの経歴は?

 

ではまず最初にNOBUさんのプロフィールをご紹介いたします。

名前→NOBU(ノブ)
生年月日→1988年7月3日
年齢→29歳
出身地→宮崎県小林市
趣味・特技→ Track制作/音楽鑑賞/スケボー

 

そんなNOBUさんの本名
入佐伸男(いりさのぶお)さん
というんだそうです。

 

「入佐」というのも珍しい苗字ですね!

なんでも全国で1,500人ほどしかいないんだとか。

どちらかというと鹿児島県周辺にこの苗字の方が多いようです。

 

スポンサーリンク

 

そしてNOBUさんの出身校についても明らかにされていました。

彼の出身中学校は、宮崎県小林市細野の
小林市立小林中学校
という所のようです。

 

そして出身高校は、福岡県福岡市早良区にある
C&S音楽学院
という所のようです。

こちらの学校は音楽学校となっていますが、当時に高校卒業資格が取れる学校です。

NOBUさんは当時バンドを組んでいたお兄さんと一緒に通っていたようです!

 

そんなNOBUさんはお兄さんが2人いる三人兄弟です。

5歳の頃にピアノを習い始め、
9歳の頃にお兄さんから誘われてバンドを組むことになったのだそうです。

 

お兄さんはHi-STANDARDに憧れてバンドを始めたそうですが、9歳にしてバンドを組むなんてすごいですよね!

そして約10年間バンドを続けていましたが、彼が18歳の頃にバンドは解散し、NOBUさんはシンガーソングライターになります。

 

そしてその後に、友達の紹介で湘南乃風のHAN-KUNさんと知り合い、
「お前は純粋に歌っていれば絶対に大丈夫だ」
というお墨付きをもらい、その言葉を胸にオーディションやライブ活動をする日々を送っていました。

 

そして2012年にユニバーサルミュージックとの契約を経てメジャーデビューをすることになり、シングル3枚とアルバム1枚をリリースしました。

しかし、なかなか売れ行きが伸びないまま時間が過ぎていき、2年後の2014年に契約解除となってしまいました。

 

それからもNOBUさんは一人で活動を続けていましたが、正直収入もなく、お金をやりくりしながらの活動となり、ライブやイベントのお誘いがあったらとにかく参加して自分の歌を多くの人達に聴いてもらうために活動をし続けました。

 

そしてNOBUさんがお兄さんに向けて作った曲である「太陽に向かって咲く花」を歌い続けた結果、努力が実を結び始め、それに目をつけたSing Like Talkingの佐藤竹善さんがプロデュースし、2017年に「いま、太陽に向かって咲く花」をリリースすることになり、再びユニバーサルミュージックからメジャーデビューをすることになったのです。

 

子どもの頃から続けていた音楽が紆余曲折を経てデビューに至るというのは本当にすごいことです。

これもまたNOBUさんが諦めずに活動を続けてきたからこそ得られた結果なのではないでしょうか!

 

スポンサーリンク

NOBUとお兄さんの関係性は?

さて先程から登場しているNOBUさんのお兄さんですが、果たして兄弟間はどうなっているのでしょうか?

 

お兄さんはとにかく音楽が大好きで、Hi-STANDARDに影響を受けたことでNOBUさんを誘ってバンド活動を始めました。

 

当時、三人兄弟が揃ってバンドを組んでおり、「POGO→STiCK」という名前で活動をしていました。

 

しかしこのバンドにも色々とあり、最初は三人兄弟でバンドをしていたのですが、活動中にギターの人が5人ほど入れ替わっており、最終的にはお兄さんとNOBUさんとお兄さんの友達でバンド活動をしていました。

 

もう1人のお兄さんはバンド活動をやめてしまい、自分の道へと進んでいったようですが、残ったNOBUさんとお兄さんはひたすら真面目にバンド活動を行っていたようです!

 

主に地元で行われたお祭りやイベント、さらにはフェスなどでもライブをしたことがあり、2003年にはORANGERANGEのデビューツアーのオープニングに登場したこともありました。

 

こうした彼らの活動を見てみると、本格的にバンド活動をしていたんだなというのがよくわかりますよね!

NOBUさんも若くして音楽にひたむきに取り組むことの楽しさを知っていくことができたのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

しかしバンド結成から10年後の2007年に、お兄さんは音楽の道を諦めて就職することになったため、バンドは解散し、NOBUさんはシンガーソングライターとして1人で活動をすることになりました。

 

当初はお兄さんに誘われて始めた音楽でしたが、バンド解散後にシンガーソングライターとして活動をし始めたNOBUさんをお兄さんは素直に応援することが出来なかったのだそうです。

 

そんな中、NOBUさんはバンドをずっと応援してくれたファンの方の手紙から「強い花になってください」という言葉をもらい、そこから曲を作ろうと考えました。

 

誰に向けて曲を作ろうかと考えた時、フォトスタンドに子どもの頃のお兄さんと一緒に写った写真があり、
「兄がいてくれたから今の自分がいる」
ということに気が付いたNOBUさんは、お兄さんに向けて「太陽に向かって咲く花」を作りました。

 

そしてメジャーデビューを果たし、福岡県で行われたフェスでその歌を披露すると、お兄さんは涙を流しながら曲を聴いていたそうで、曲の終了後にお互い涙を流しながら握手を交わしてお互いに頑張ろうと改めて誓い合ったのだそうです。

 

この件でお互いのモヤモヤが解消され、今では一番の応援者となってくれているお兄さん…。

とても仲良しな兄弟で本当に羨ましいですね!

ぜひこれからも仲の良い兄弟でいてほしいものです。

NOBUさんと創価学会との関係は?

さてそんな、NOBUさんですが、色々と調べると「創価学会」というキーワードがヒットします。

これを見ると創価学会の学会員なのかと思うのですが、実際は何の情報もなかったため、NOBUさんが創価学会員とは関係ないのではないかと思います。

 

確かにデビューに至るまでに様々な苦労をされてきているので、何かに縋りたいという思いはあったかもしれませんが、創価学会とは無縁のようです。

 

スポンサーリンク

NOBUさんはレコ大新人賞に内定されている?

 

「いま、太陽に向かって咲く花」で大ブレイクをしたNOBUさんに、早くもレコード大賞の新人賞に内定しているという噂があるようです。

それは大手の事務所であるバーニングの社長である周防郁雄さんから猛プッシュされているんだそうです。

 

実際に周防社長のプッシュがあると、レコ大新人賞を取りやすいという噂もあるので、今回このような噂が流れたのかもしれません。

ですが、私が思うに確かに大手事務所の社長さんからプッシュされれば注目も集まるとは思いますが、やはりそれとこれとは話が別のような気もします。

 

まだレコ大まで期間があるのに、既に内定が決まっているというのもちょっと考えにくいですよね。

それでもノミネートはされていると思われるので、新人賞を取る可能性は大いにあると思います。

ぜひとも新人賞を目指して頑張っていただきたいですね!

 

スポンサーリンク

NOBUさんの歌の世間の評判!

それでは最後にNOBUさんの歌についての世間の評価をご紹介いたします。

まず彼の歌については、こちらの動画をご覧ください。

 

やっぱりいつ聞いても優しく聴いていて心地よい気持ちになる歌声ですよね!

これは何度も聴きたくなるほどの魅力があるという声にも納得です。

今後の活躍にも期待できそうなシンガーソングライターですね。

 

実際にNOBUさんの歌声を聴いた人達からは…

「朝から素敵な歌を聴かせていただきました!本当に歌でこんなに感動したのは初めてだわ」

「NOBUさんの歌声聞いたらマジで泣いてしまった…!絶対にCD買いたいですね」

「こんなに素敵な曲をもっと多くの人達に知ってほしいな…ぜひとも紅白に出てください!」

と絶賛の声がたくさん寄せられていました。

 

やはり感動して涙が出たという声が多く、彼の歌声に癒された方もいらっしゃったようです。

聴く人を幸せな気持ちにしてくれる素敵な方ですね!

まとめ

シンガーソングライターとして活躍されているNOBUさんは、過去に様々な出来事があって大変な日々を送っていたこともありました。

それでも音楽に対する熱意は忘れずに、ひたすら自分の音楽を伝えていった結果、多くの人達に感動を与える素敵な歌手になっていきました。

まだまだ活躍が期待されている方なので、これからもぜひ応援していきましょう!



スポンサーリンク


Pocket

合わせて読みたい!


関連記事一覧