Pocket

イケメン軍団のD-BOYSに所属しており、今までにも様々な作品に出演している、
俳優の山田裕貴さん!

クールな雰囲気でありながらも役では様々な一面を見せてくれている彼は、
本当に魅力的な俳優さんですよね。

そんなイケメン俳優の山田裕貴さんですが、彼の身長サバ読み疑惑が浮上しています。

世間の人たちからは「身長より低く見える」といった声もいくつかあるようで、
公表している身長は違うのではないかと思われているようです。

そこで今回は、山田裕貴さんの身長を他の芸能人の方達と比較をしていき、
それと同時に体重についても併せて調査をしてみました!

また他にも山田裕貴さんの高校時代も気になるという声も多くあり、
出身高校はどこで偏差値はどのくらいなのかということについてや、
部活動についても知りたいという方も多いようです。

なので今回は、山田裕貴さんの高校時代のエピソードについても
たっぷりご紹介していきたいと思います!



スポンサーリンク

山田裕貴さんの身長はサバ読みしてるの?体重はどのくらい?

ではまず最初に
山田裕貴さんの身長について
見ていきましょう。

山田裕貴さんの身長は
公式を見てみると
177㎝
となっていました。

こうして見るとなかなかの高身長ですよね!

 

ですがやっぱり他の芸能人と比べると、
身長が低いような印象もあることから、
「公式での身長よりも低いのではないか」
という噂も
チラホラ流れているようです。

ではここで、
他の芸能人と比べていきながら
実際の身長を検証していきたいと思います。

 

まずはこちらの画像をご覧ください!

山田裕貴さんの隣にいるのは、
俳優の根岸拓哉さん!

 

なんと彼の身長は188㎝もあり、
山田裕貴さんとは11㎝差もあるということになります。

私の印象としては、
確かに11㎝差の身長差があるかなという印象です。

177㎝でも十分高いと思われます思うのですが、
根岸拓哉さんの188㎝も高いですね…。

 

またこちらの画像もご覧ください。

こちらは未来穂香さん(155㎝)と
古川雄輝さん(180cm)と一緒に並んでいます。

 

古川雄輝さんと山田裕貴さんは3㎝差ということになりますが、
こちらの画像を見ると
3㎝以上の身長差はありそうですよね。

ただこちらの画像をよく見てみると、
山田裕貴さんは一歩後ろに下がっていますし、
まっすぐにピンっと立っていませんよね。

一方で古川雄輝さんはまっすぐに立っており、
少し前に出ているようなので、
これらのことを踏まえると
この身長差になるのかなと思います。

 

スポンサーリンク

 

それにしても
山田裕貴さんの周りにいる俳優さんは
本当に背が高いですよね。

177㎝でも十分高いのに、
これでは「身長が低い
というイメージがついてしまうのも
無理はないのかもしれません。

 

こういった画像を踏まえると、
確かに山田裕貴さんは身長が低いのでは
というイメージがあるかもしれませんが、
実際は177㎝というのは
かなりの高身長だと私は思います。

今まで山田裕貴さんと一緒に写っている芸能人が、
さらに高身長の方達ばかりなので、
どうしても
「身長低い=サバ読みしているのではないか」
という考えに繋がってしまうようです。

ですが実際は
177㎝ということで間違いないと思います。

 

ちなみに山田裕貴さんの体重についてですが、
どうやら
65kg前後
なのではないかと言われています。

ちなみに彼は役柄に合わせて
体重を調整しているようで、
ストロボ・エッジ」に出演した時は、
10kgのダイエットをしたそうです。

ご飯を我慢してひたすら走って
2ヶ月で10kg減らしたんだそうです!

ここまで役に合わせて
体重を減らせるなんてすごいですよね!

山田裕貴さんの出身高校はどこ?偏差値は?どんな学生生活だった?

ではそんな山田裕貴さんですが、
どんな学生生活を送っていたのか気になりますよね。

そこで山田裕貴さんの学生時代について
ここでご紹介いたします。

 

山田裕貴さんが通っていた高校は、
愛知県にある
東邦高校
に通っていたそうです。

父親でもある
元プロ野球選手の山田和利さんもまた
こちらの高校に通っていました。

 

そしてこの高校の偏差値
美術科が49、普通科は52、普通科文理特進コースが61
となっています。

学科については不明ですが、
普通科か特進コースのどちらかに
所属していたと考えられます。

 

スポンサーリンク

 

こちらの高校は愛知県代表として
甲子園に何度も出場しており、
甲子園優勝も何度も果たしているほどの強豪校です。

山田裕貴さんは小学生の頃から
ずっと野球に熱中しており、
東邦高校でも野球部に所属していました。

 

しかしいざ部活に入部すると、
かなりのハイレベルな部活に驚愕してしまい、
父親からも厳しい言葉をかけられるようになりました。

次第に
「自分はプロ野球選手になるのは無理だ」
と思うようになり、
野球選手になるという夢を諦めてしまいます。

小さい頃から目指していたものを
ここで断念するというのは、
本当に悔しい思いをしたことでしょう。

 

実際に山田裕貴さんが在学中に
野球部が甲子園に出場することになり、
山田裕貴さんは応援席から選手を応援していたんだそうです。

それを見て、
野球選手という夢を諦めてしまった自分に対して
悔しいと思い、涙を流してしまったんだそうです。

「自分では無理だ」と思っていても、
やはり心のどこかでは
もっと頑張りたかったと思っていたのかもしれませんね。

 

そんな山田裕貴さんは野球選手の道を諦めてしまい、
将来何になろうかというのを
模索するようになりました。

東邦高校を卒業すると
東邦大学へ進学することもできるのですが、
山田裕貴さん自身、将来なりたい職業もないのに
大学へ行くということに
抵抗があったんだそうです。

 

確かに大学は
社会人になるための準備期間というつもりで
通っている人も多いですよね。

そういったことから
自分が大学へ行くのはちょっと違う
と思っていたのかもしれません。

 

そんな将来に悩む山田裕貴さんに、
妹から「オーディションやってみたら?」
と言われ、
ワタナベエンターテインメントカレッジ
オーディションを受けることになりました。

そのオーディションに見事合格し、
山田裕貴さんは大学進学をせずに
俳優として頑張っていこうと決意したんだそうです。

 

高校生の頃から
こういった人生の選択をしてきた山田裕貴さん。

今となっては間違った選択ではなかったと言えますが、
当時はやっぱり不安な気持ちもあったのかもしれませんね。

まとめ

山田裕貴さんは身長のサバ読み疑惑があったようですが、
実際に他の芸能人の方達と比べると、
サバ読みはしていないということが明らかになりました。

元々高身長なのですが、周りの俳優さんが背が高いので、
どうしても低く見えてしまうのかもしれません。

また、彼の高校時代についても明らかになりました。

たくさんの挫折をしてきたとは思いますが、今の山田裕貴さんがいるのは、
こういった経験があったからなのでしょう。

だからこそ俳優という仕事に対して真面目に取り組むことができるんですよね。

これからの山田裕貴さんの活躍にも期待できそうです!



スポンサーリンク


関連記事はこちら!