Pocket

images

auのCMで鬼ちゃん役として一躍話題となった菅田将暉さん。

鬼ちゃんスタイルはもちろんのこと、普段演技をしている姿や、
バラエティで楽しい話をしている姿までとても素敵な方ですよね!

そんな人気爆発中の菅田将暉さんですが、どんな学校に行っていたのか、
頭が良いのかというのも気になってきますよね。

そこで今回は菅田将暉さんの学歴(中学校・高校・大学)
焦点を当てて色々と調べてみました!
卒アル写真も探してみました!)



スポンサーリンク

菅田将暉さんの出身校はどこ?頭は良いの?

images

では早速菅田将暉さんの
出身校を調べてみましょう。

彼の出身は大阪府箕面市だそうで、
なんとここは高級住宅地が並ぶ場所なのだそうです。

そこで生まれ育った彼の小学校については
詳しい場所は不明でしたが、
住んでいる場所から推測すると

「箕面市立箕面小学校」
もしくは
「箕面市立西小学校」
ではないかと言われています。

 

そして中学校は
「箕面市立第一中学校」
とのことでした。

その後、菅田将暉さんは
「大阪府立池田高等学校」
へ進学しています。

なんとここの高校の
2015年の段階での偏差値は
66ほどある学校です!

そして大学へは進学していないのですが、
もし芸能界に進んでいなかったら、
早稲田大学に行きたかったとのこと。

そう考えると彼は学生時代の頃は
かなり頭が良かったことがわかりますね。

ちなみに得意科目は数学だったようで、
将来は数学の先生になりたい
という夢を持っていたそうです。

こんなイケメン教師がいたら
数学の授業が楽しみになってしまいますね!

 

ですが高校に通っていくのと同時に
芸能活動も忙しくなってきてしまい、

東京へ引っ越した後に
東京の高校へ転校してしまいます。

東京ではどの高校へ行ったのかは不明ですが、
環境も変わってかなり大変な高校時代を
過ごしたのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

そんな頭の良かった菅田将暉さんは、
運動神経も抜群でした。

中学校と高校の頃には
アメフト部に所属しており、
バリバリ活躍していたそうです。

そんな彼のポジションは
攻撃の司令塔と言われているクォーターバックでした。

それほど肩を必要としている
ポジションではありませんが、

試合中での総合的な判断力が
大事なポジションとなっており、
試合の要でもあります。

またこの高校のアメフト部はかなりの強豪校で、
全国優勝も経験しているほどです。

そんな環境で熱中していたアメフト部でしたが、
仕事が忙しくなってきてしまったことから、
やむを得ず退部せざるをえなくなったそうです。

なので、もしかしたら
まだまだアメフトをやりたかった
という思いがあったのかもしれませんね。

 

そんな強豪校で活躍していた菅田将暉さんは、
当然の如く女子生徒からモテモテだったようです。

なんでもあだ名は「王子」だったとか!

確かに頭が良くて運動神経抜群となると
完璧過ぎて王子と呼びたくなるのも無理はないですよね(笑)

ですが、当時は彼女とか一切考えておらず、
アメフト部一筋だったそう!

逆にキャーキャー言われるのが
ちょっと嫌だったようです。

イケメンならではの悩みですね…羨ましい!

菅田将暉さんの卒アルはあるのかを調査!

さてイケメン芸能人の気になる写真
といえばやっぱり卒アルの写真です。

多くの芸能人の卒アルに
様々な衝撃を受けた方も多いと思いますが、
菅田将暉さんの卒アルにはどんな写真があるのでしょうか?

 

早速調査!
…と思ったのですが、
どこを探しても菅田将暉さんの
卒アル写真が見つかりません。

一体どういう事なのでしょうか?

それもそのはずで、
何と彼は芸能活動が忙しくなってきてしまったため、
高校を中退してしまっているのです。

なので高校の頃の卒アルがないというわけです。

 

せっかくだから中学校や小学校の頃の卒アルも!
と思って調べたのですが、
残念ながらこちらの卒アルも見当たりませんでした。

その代わり幼少期の頃の
菅田将暉さんの写真をご紹介!

images

目がパッチりしている笑顔が可愛らしい少年ですね!

でもこの頃からイケメン要素が滲み出ています。

なかなかこんな可愛らしい男の子は
私の近所にはいませんでした(笑)

 

また高校生ぐらいの
年齢の時の写真も発見しました!

images

イケメンですね!
ものすごく!

あだ名が王子だったというのも頷けます。

この頃は芸能活動も合わせて
行っていた時期なので、
きっとすごいオーラがあったのかもしれませんね!

まとめ

イケメン俳優の菅田将暉さんは学生の頃からイケメンでしたね!
しかも頭が良くて運動もできるという優等生だったようです。

これからも様々なところで活躍していくと思いますが、
その度に女性のファンが増えていくこと間違いなしですね!



スポンサーリンク


関連記事はこちら!